書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • 東洋医学がペットを救う
  • ホーム
  • ペット
  • 東洋医学がペットを救う

東洋医学がペットを救う

東洋医学がペットを救う 東洋医学がペットを救う

弊社在庫ございません

発行年月 2001年6月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六判
装丁 上製
ページ数 287ページ
ISBN 978-4-87290-099-6
内容紹介

犬・猫を病気から守る!
針灸、ツボ、漢方、アロマ、ホメオパシー、気功
大反響の『よい獣医さんはどこにいる』の著者が
自然両方の効き目を徹底検証!

目次

目次

はじめに–死の淵から生還したベル
   ベルを救った不思議なオイル
   ホリスティック医療って何?
   感性が求められるホリスティック医療
 

1 東洋医学が獣医療を変える

 1) 鍼灸が獣医の大きな武器になる
   針で蘇生させたアレン・ショーン
   針治療の現場をのぞく
   針治療はどこまで効くか
   針は万能ではない?
   まず適切な診断を
   必要なのは東洋医学の哲学
   脱ステロイドにトライ
   薬の代わりに漢方を
   漢方パワーを解明しよう

 2) 東洋医学を使いこなす
   東洋医学とは何だろう
   東洋医学的な診断とは
   人生を変えた一針療法
   東洋と西洋が混ざりあう
   診断の幅を広げた東洋医学


2 効くぞ! 自然療法

 1) 自然療法アロマテラピーに注目
   アロマテラピーは西洋漢方?
   アロマは医療に使えるか?
   2つの香りの不思議
   画期的な結果を出したティートリー
   リラックスが病気を癒す
   アロマに生きる“末病”の発想

 2) アロマテラピーを超える特効薬
   ミラクルオイルに出会った人びと
   ティートリーで治った
   メディカルAの衝撃
   メディカルAがもたらす奇跡
   ボロボロだった腸が治った
   なんでこんなものが効くの?
   シャンプーで皮膚病を解消
   呼吸器・循環器にもいい作用が…
   メディカルAはガンに効く?
   割り箸が猫の口内を貫通した!
   オメガって何だ
   パワーの源泉は“気”か、科学か
   身体に病気とたたかう力を…

3 未知なる治療法でペットを救う人びと

 1) ホメオパシーとフラワーエッセンス
   ホメオパシーでどんなことをするの?
   レメディを動物にどう選ぶのか
   ホメオパシーって何だ?
   動物にもある心の問題
   証明されたレメディの効果
   何で効くのか
   ターミナルケアに使う
   動物を癒すフラワーレメディ
   フラワーレメディはどこまで使えるか?

 2) 気功と波動とエネルギー
   気功で自然治癒力を上げる
   「波動」による治療とは?
   悪い「波動」を追い出す
   新しいエネルギーを補填する
   アトピーとガンは同じ?
   インナーコミュニケーション!
   動物との対話で病気を治す
   複数の武器を使い分ける

おわりに–獣医療の進歩のために
   ホリスティックはどこへ行く
   ひとつの地平をめざして

著者紹介

坂本 徹也(さかもと てつや)

1956年兵庫県生まれ。
早稲田大学第一文学部社会学科卒業。
ライター、ペットジャーナリスト。
著書に「東洋医学がペットを救う」(WAVE出版)「アッシュと歩いたヨーロッパ」(主婦の友社)。