書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • 座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋
  • ホーム
  • 趣味・実用
  • 座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋

座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋

座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋 座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋
発行年月 2017年11月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 192ページ
ISBN 978-4-86621-084-1
内容紹介

お金が貯まる部屋、貯まらない部屋には「特徴」があった!

読むだけで「不幸グセ」がなくなり、
幸運&金運がなだれ込む「座敷わらし思考」になれる、
不思議な「片づけ物語」ができました。

「うちには貧乏神が取り憑いているんじゃないか…?」
そんなふうに言いたくなるほど、
悪いことが重なったり、お金が貯められない。

実はこういう「家」には、ある特徴があったのです。

そして反対に、幸運の象徴である「座敷わらし」が
守っているのではと思われるような「家」にも特徴があります。

本書では、貧乏神を追い出して、座敷わらしと仲良くつきあう方法を
実話をベースにした物語で構成。

1000軒以上の「家」とそこに住む「人の心理」を見てきた
大人気の「空間心理カウンセラー」が、
「家×お金×幸せ」をテーマに書いた、
まったく新しいかたちのお片づけ本です。

本の紹介動画はコチラ↓
https://youtu.be/c3k3T8Zp-V4

著者紹介

伊藤 勇司(いとう ゆうじ)

片づけ心理研究家。
引っ越し業で働きながら、心理学を学ぶ中で「部屋と心の相関性」に着目し、現場で見た1000軒以上の家とそこに住む家族や人との関わりを独自に研究。片づけの悩みを心理的な側面から解決する「空間心理カウンセラー」として2008年に独立。開業以来、セミナー、講演、セッションした人数はのべ8000名以上に上る。
主な著書に『部屋は自分の心を映す鏡でした。』(日本文芸社)、『片づけは「捨てない」ほうがうまくいく』(飛鳥新社)等。