書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • 奥津典子の台所の学校

奥津典子の台所の学校

奥津典子の台所の学校 奥津典子の台所の学校
発行年月 2020年3月刊行
価格 定価 本体 1,600+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-86621-265-4
内容紹介

つくる、たべる、わらう。

台所の知恵がたっぷり詰まった
暮らしのエッセイ

命が生まれる変わる場所で、
手を動かして、心を鎮める。
台所から始める
喜びにあふれた人生を。

〇台所に立ちたくなる道具選び
〇疲れない包丁の使い方
〇体調を崩さない季節のごはん
〇血液の巡りがよくなる雑巾の絞り方
〇不調に役立つ薬膳レシピ
〇家にあるものでできる簡単料理

台所から人生を楽しく豊かに!
カンペキじゃなくていい。
できることから少しずつ。

疲れているときほど台所に立つと、元気になる! 台所に立っている時間が長いと、イライラが減り、心が落ち着く。そして、台所では、自分がリセットされる。本書では、そんな台所仕事の知恵をお伝えします。

この本のおすすめポイント!
・簡単でおいしい料理がパパっと作れるようになる!
・台所に立つのが楽しみになる!
・ていねいな暮らしを無理なくできるようになる!
・レシピがなくても今あるものでおいしい料理が作れるようになる!
・病院に行く回数が減る!
・台所仕事を通して、自分をどんどん好きになる!
・家族の笑顔が増える!

目次

1時間目:道具と台所「料理道具に触れる愉しみ」
2時間目:ごはんと台所「元気になる基本の食事」
3時間目:身体と台所「疲れない身体の使い方」
4時間目:四季と台所「旬を味わい季節を愉しむ」
5時間目:健康と台所「台所から始める元気な暮らし」
6時間目:家族と台所「台所を通して社会を見つめる」

著者紹介

奥津 典子(おくつ のりこ)

1974年生まれ。東京と長崎育ち。
2003年に吉祥寺に夫・奥津爾とのユニット、オーガニックベースを立ち上げる。以来、開催した料理と身体の理論教室は2,000回を超え、食堂やレストランの料理指導、執筆や講演など多岐に活動。
2013年より雲仙に家族で移り住み、吉祥寺と雲仙の2拠点で活動。2019年には雲仙・千々石町にオーガニック直売所タネトを夫婦で立ち上げる。同時に2019年より教室名を「台所の学校」と改め、通学とオンデマンドクラスを開催。一男二女の母。