書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • 日本のおしゃれ [七十二候]

日本のおしゃれ [七十二候]

日本のおしゃれ [七十二候] 日本のおしゃれ [七十二候]
発行年月 2014年3月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 A5判
装丁 並製
ページ数 160ページ
ISBN 978-4-87290-676-9
内容紹介

◎ 旧暦の七十二候の季節を学びながら、古いもの、新しいもの、自由に、軽やかに。一年分の着物のおしゃれ、手ほどき帖。

目次

著者プロフィール

上野淳美(うえの あつみ)

北海道江別市出身。大手ファッションメーカー勤務を経て、2003年より札幌市にてギャラリー「oteshio」を主宰し、着物コーディネーターとして独立。着物を主にした布、現代クラフトの器やアクセサリー、日本、ヨーロッパ、アジアから集めたアンティークなど、古今東西の手仕事のモノを扱う。その類まれなセレクト眼により、小説家・上橋菜穂子氏『バルサの食卓』(新潮文庫)の器スタイリングなども担当し、また小説家・小川 糸氏がアンティーク着物屋の女主人を描いた作品『喋々喃々』(ポプラ文庫)でも取材協力。古いモノ×新しいモノをミックスしたモダンスタイルにファンが多く、多方面で活躍。

著者紹介

上野 淳美(うえの あつみ)

着物コーディネーター

北海道江別市出身。
大手ファッションメーカー勤務を経て、2003年より札幌市にてギャラリー「oteshio」を主宰し、着物コーディネーターとして独立。着物を主にした布、現代クラフトの器やアクセサリー、日本、ヨーロッパ、アジアから集めたアンティークなど、古今東西の手仕事のモノを扱う。その類まれなセレクト眼により、小説家・上橋菜穂子氏『バルサの食卓』(新潮文庫)の器スタイリングなども担当し、また小説家・小川 糸氏がアンティーク着物屋の女主人を描いた作品『喋々喃々』(ポプラ文庫)でも取材協力。
古いモノ×新しいモノをミックスしたモダンスタイルにファンが多く、多方面で活躍。