書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • 母になるまでに大切にしたい33のこと
  • ホーム
  • 子育て
  • 母になるまでに大切にしたい33のこと

母になるまでに大切にしたい33のこと

母になるまでに大切にしたい33のこと 母になるまでに大切にしたい33のこと
発行年月 2012年4月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 224ページ
ISBN 978-4-87290-560-1
内容紹介

河瀬直美監督による映画『玄牝』やテレビなどで取り上げられ、薬や医療機器にほとんど頼らない「自然なお産」を行うことで知られる吉村医院・お産の家(愛知県岡崎市)。院長として半世紀を通して2万例以上のお産に携わってきた吉村正医師は〝世界一の産科医″といわれ、多くの女性たちに慕われています。
そこで生まれた赤ちゃんはのんびりと落ち着いていて、お母さんも家族も幸せいっぱい。
そのひみつは「ごろごろ、ぱくぱく、びくびくしない」に象徴される吉村医師のシンプルで深い、究極の教えにあります。
本書は、吉村医師と、吉村医師とともに活動を続ける吉村医院院長補佐の島袋伸子さんのお二人に「人生で最高に幸せな日を迎えるために、今、自分がすべきこと」を伺い、33のやるべきことをわかりやすくまとめたものです。
妊娠中の方はもちろん、これから母になるすべての女性たちに役立つ一冊です。

目次

はじめに 

*妊娠したら

 1 いのちがけの覚悟を決めよ 
 2 ごろごろしない
 3 ぱくぱくしない
 4 びくびくしない
 5 いのちを抱く 
 6 生命力を上げる
 7 受けて渡す 

*出産のこと

 8 お産は日の出と同じ 
 9 赤ちゃんが決める 
10 本能で産む 
11 身体は知っている 
12 声を聞く 
13 赤ちゃんとひとつになる
14 すぐに胸に抱く 
15 すべてのいのちを受け入れる 
16 生きるものは生きる 死ぬものは死ぬ 
17 ありのままのあなたがいい 
18 お父さんもつながっている 
19 お産は文化 

*子育てのこと

20 全身で育てる 
21 いつも一緒 
22 〝その時”に受けとめる 
23 あなたが一番 

*男女のこと

24 凛として清らかに
25 女は包むもの 
26 心のすき間をなくす 

*性欲・不妊のこと

27 くしゃくしゃにしよう 
28 いのちをかけていのちを継ぐ 
29 いにしえを想う 

*女のこと

30 女をよろこぶ 
31 愛を惜しまない
32 解き放たれる 
33 いのちをかけていのちを守る 

Q&A 

おわりに 

著者紹介

吉村 正(よしむら ただし)

吉村医院・お産の家院長

1932年愛知県岡崎市生まれ。
医学博士。吉村医院・お産の家院長。
1961年より医院の院長を務め、半世紀にわたり2万例以上のお産に携わる。
薬や医療機器などにほとんど頼らない「自然なお産」を提唱。全国でおこなっている講演では、自然なお産の尊さ、女性のすばらしさを多くの女性たちに伝え、盛況を極めている。
著書に『「幸せなお産」が日本を変える』(講談社+α新書)、『いのちのために、いのちをかけよ』(地湧社)、『お産! このいちのちの神秘』『しあわせなお産をしよう 自然出産のすすめ(DVDブック)』(ともに春秋社)など、近著に『産む力を高める 幸せな自然出産のすすめ』(家の光協会)がある。
2010年には吉村委員を取材したドキュメンタリー映画『玄牝(げんびん)』(河瀬直美監督・第58回サンセバスチャン国際映画祭「国際批評家連盟賞」受賞)が公開された。

島袋 伸子(しまぶくろ のぶこ)

吉村医院院長補佐

1957年東京生まれ。
吉村医院院長補佐。吉村医院両親学級を担当。
NPO法人「相よるいのちの会」副理事長。
出産、子育てを通して女性性を追求し、お産を通した女性の性の神秘を伝える。元衆議院議員秘書。