書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 文芸
  • 話の特集 2005

話の特集 2005

話の特集 2005 話の特集 2005

弊社在庫ございません

発行年月 2005年1月刊行
価格 定価 本体 952+税
判型 A5判
装丁 並製
ページ数 409ページ
ISBN 978-4-87290-214-3
内容紹介

あの伝説の雑誌が10年ぶりに読める!
さまざまな話題を振りまいた話の特集。
ここから生まれた社会現象、
ベストセラーは数知れない。

目次

目次

表紙=和田誠 題字=横尾忠則 扉=長新太
編集 矢崎泰久
割付 和田誠 長友啓典(K2)
写真 藤倉明治

●編集前記
●通勤路 写真/篠山紀信
●発言 扉イラスト/横尾忠則
ニート/金井美恵子
慟哭の歴史/朴慶南
――小学校中退、大学卒業?大学卒業論文は、メディアの犯罪、その光と影/花柳幻舟
男たちよ!/亀山早苗
戦争を知らない人たちへ/飯村昭子
「独りの時空……絵本を開く」/落合恵子

●特集 子どもの悲鳴が聞こえる
ふつうの学校 詩/アーサー・ビナード
ふつうの小学生 詩/アーサー・ビナード
子どもの側にいるおとな
非秩序な子どもの遊び/天野秀昭 聞き手・ライター鈴木千佳子 イラストレーション 長友啓典
ちょっと覗き見/きのしたゆか
1965年前後に生まれた親たち/青木悦インタビュー/インタビュー・構成 山田幸子 撮影=藤倉明治
少年犯罪に見られる抑圧の構造 家庭裁判所決定要旨を読み解く/高岡健
座談会 教育を語る/小田実=司会、岡崎勝、鎌田慧、アーサー・ビナード、若桑みどり、和田誠
私が出会った子どもたち/灰谷健次郎
戦禍子ども 写真/大石芳野

●対談 ドキュメンタリーの二人 原一男?森達也
●蘇る若松孝二 ピンク梁山泊は越境する/大高宏雄
●唐十郎の遺伝子/松井美智子
●ジョークフェスティバル
立川談志、快楽亭ブラック、松崎菊也、松元ヒロ、伊奈かっぺい、小林亜星、山下洋輔、椎名誠、岸田今日子、南伸坊、永六輔、里吉しげみ、水森亜土、高平哲郎
●小沢大写眞館号外 無事是名馬 小沢昭一 写真/小沢昭一、藤倉明治
●東京面白倶楽部(還暦編)麻雀博物館探訪記/絵と字 矢吹申彦
●異色数学者、ギャンブルに挑む/福富節男 インタビュー・構成 矢崎泰久
●「朗天狗奮戦記」/朗天狗代表 三浦伸也
●ドイツ発私のイスラエル回想録/石田教江
●楽譜 おしっこ 風と夢 詩/谷川俊太郎 作曲/小室等 イラストレーション/和田誠
●鼎談 女も男もおんなでいこう! おんな組いのち中山千夏&辛淑玉 司会/永六輔
●ルポ 水が危ない/中村靖彦
●PIKADON/黒田征太郎
●夢の果てへ/梁石日
●大統領選日記/市川美奈
●ブッシュ神政革命と帝国主義幻想/霍見芳浩
●88歳の食いしん坊/薄井恭一
●山野井泰史インタビュー 垂直の愉悦 構成/三島悟
●私が歩いた山々 撮影/山野井泰史
●仲間たち 写真・文/北川光一
●サンサルから イラストレーション・文/大田垣晴子
●木村万里セレクション/木村万里 撮影/藤倉明治
●随筆 素手もグローブのうち/草森紳一 イラストレーション 長友啓典
●オジサンも考える・特大号 オジサンの好物 文と絵/山下勇三
●台風入門/大野治夫
●エッセイ 柿/青木和子
●山根二郎かく語りき /山根二郎
●中国逍遙 写真/立木義浩
●うしおくんといったバリ島ウブド村 イラストレーション・文/伊藤秀男
●チンチン電車が走る町/田中秀興
●小説 楪(ゆずりは)/冨士眞奈美 イラストレーション/村上豊
●小説 梁上の寸士/山本平介 イラストレーション/長谷川義史
●ベートーヴェンの1番から9番までを一晩で振る/岩城宏之 イラストレーション/和田誠
●若者たちの「発言」
●編集委員後記
●編集後記

著者紹介

矢崎 泰久(やざき やすひさ)