書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 文芸
  • 「資本論」も読む

「資本論」も読む

「資本論」も読む 「資本論」も読む
発行年月 2005年12月刊行
価格 定価 本体 1,600+税
判型 四六判
装丁 上製
ページ数 263ページ
ISBN 978-4-87290-240-2
内容紹介

「読んでから死にたい!」
高校時代からの野望、歴史的大著への飽くなき挑戦を、さまざまな日常に妨害されながら綴った七転八倒超絶エッセイ!

目次

目次

第一回 せめて『資本論』を読んでから死にたい
第二回 「なんだこれは」とマルクスは驚いた
第三回 この栓抜きを作るのに四十年かかった
第四回 むさぼり食う主人は「商品」は作らない
第五回 誰も「クイズ王」とは呼ばれたくない
第六回 わかる瞬間がわかりたい
第七回 人はときに「価値魂」に侵される
第八回 リンネルのやつは思想まで持つ
第九回 重量、ちゃんと磨いとけよ
第十回 マルクスは汗にロマンを見出さない
第十一回 ときに『資本論』の読みは妨げられる
第十二回 体力あってこその『資本論』だ
第十三回 大きな字になっても難解さに変わりはない
第十四回 ともかくもようやく「貨幣」の登場である
第十五回 「わからない」を「わからない」として味あおう
第十六回 わからないと格闘する作家の姿を見てほしい
第十七回 ただの「紙」や「金属」がなぜ貨幣になるのか?
第十八回 「共同体の果てるところにいる女たち」が気になる
第十九回 なんと、「貨幣」には魔術があるらしい
第二十回 「批判する意志」を註釈に吹き込むマルクス
第二十一回 貨幣名とは「観念上の錯誤」そのものだ
第二十二回 「わかってくるという快楽」が心地よい
第二十三回 「市場」という名のアウェーで闘う
第二十四回 それにしても「金」はまぎらわしい
第二十五回 『資本論』を読める幸福
第二十六回 マルクスの言葉を感じて『資本論』を読む
第二十七回 貨幣が身につける「国家的制服」とは?
第二十八回 四十年間も考えていた人
第二十九回 私は、砂漠を歩いているのではないか
第三十回  ジャンプしろとマルクスは言う
第三十一回 「可能性としてのテキスト」として読む
第三十二回 働くことのよろこびはきっとある
第三十三回 文筆業者にとっての労働を考えてみる
第三十四回 「マルクスの姿」を感じる快楽
第三十五回 容赦なし。感傷おかまいなしのマルクス
第三十六回 アクティヴィストとしてのマルクスを思う
第三十七回 『資本論』の旅はほんのとばくちにすぎない
あとがき
参考資料 『資本論』(大月書店版)目次

著者紹介

宮沢 章夫(みやざわ あきお)

1956年静岡県生まれ。
劇作家・演出家・作家。「遊園地再生事業団」主宰。
著書にエッセイ集『茫然とする技術』『牛乳の作法』(筑摩書房)『よくわからないねじ』『わからなくなってきました』『牛への道』(新潮社)『青空の方法』(朝日新聞社)、戯曲『月の教室』『14歳の国』(白水社)、小説『サーチエンジンシステムクラッシュ』『不在』(文藝春秋)などがある。