書籍詳細 書籍詳細

家族写真の魔法

家族写真の魔法 家族写真の魔法
発行年月 2020年6月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 192ページ
ISBN 978-4-86621-285-2
内容紹介

幸せそうなあの家族が年に2回しているのは?家族写真で、幸せが育つ魔法をかけよう。

幸せな家族を築きたい、けれど忙しくてなかなか実行できない。
そんな日々を変えるのは「家族写真」でした。
撮ること、飾ることで、幸せの魔法がかかるのです。

でも、せっかく集まったのに写真撮り忘れた。
忙しくてそんな時間とれない。
集まる機会もないし、家族で写真なんて気恥ずかしくて子供が嫌がる。
こんな声をよく聞きます。

そこで本書では、日常のなかで無理なく撮る方法、
おしゃれな家族写真のアイデア、スマホで撮るコツ、
たまった写真の整理術や楽しみ方もご紹介。
好きな写真館が見つかるチェックリストも収録しました。

子どもへの無性の愛、パートナーへの感謝、両親との絆…
家族写真は、本当はあるのに、目には見えない
大切なものを思い出させてくれるツールです。

また、子供のセルフイメージや自己肯定感を育むのも家族写真。

ページをめくれば、
「当たり前の日常に、幸せはこんなにも溢れている……」
「大変なこともあるけれど、家族がいるから頑張れる」
「両親を許せなかったのに、感謝で満たされた自分がいた」
そんなふうに心があたたかくなるはずです。

かけがえのない家族と、愛おしい思い出を重ねましょう。

目次

はじめに
〜家族写真は幸せの魔法をかけるツールです

・家族写真を最後に撮ったのはいつですか?
・子どものセルフイメージを上げるのも家族写真

=======
第1章 幸せな家族は毎年、家族写真を撮っている
=======
毎年写真を撮ると家族が幸せになる
仕事が成功する魔法も、家族写真
・AI化の時代、社員ともいい関係に
SNS時代の記録は、意識しないと「残らない」
・見えない絆を、見えるものにしてくれる
コラム1:3人の娘の誕生日ごとに撮る山形さん一家

=======
第2章 家族写真の5つ魔法
=======
感謝できる子に育つ
・家族に嫌な記憶があっても……
セルフイメージがアップする
・モチベーションまでアップする
パートナーや子どもへの愛を思い出せる
・思春期の子に困ったら
心からの愛で満たされるようになる
コラム2:親を許せない人へ
世代を超えてつながる生き方を残せる
・感謝が連鎖する家系図づくり
・写真の中で生き続けられる
コラム3:末期ガンのお母さんとの忘れられない一枚

=======
第3章 気軽に家族写真をセルフ撮影
=======
自分たちで撮る家族写真
・スナップ写真のいいところ
・簡単アイデア1:できるだけくっつこう
・簡単アイデア2:体だけ45度にしてみよう
・こんな時に撮ってみよう
スマホで映える家族写真のコツ
・スマホ撮影が上手くなる2つの基本
・基本編1:構図
・基本編2:アングル
・中級編1:明るさを調整する
・中級編2:きれいな光を探そう
・上級編:逆光で撮る!

=======
第4章 プロと、とっておきの1枚を
=======
プロならお任せで、おしゃれなベストショットに
・スタジオ選びのポイントは?
・どんなカメラマンが理想的?
・付録1 自分の好きな家族写真 チェックシート
出来栄えが200%アップする、服装アドバイス
ポーズを決められない時は
男性だけ、女性だけの家族写真も
プロとなら夫婦写真もいい表情に
好きな景色でロケーション撮影
家族旅行の思い出も、より印象深く
何気ない日常も、愛おしい一コマに

=======
第5章 撮りたいと思ったときが写真記念日
=======
家族写真は、絆を深める大事なイベント
・ヨシダソース会長と家族写真
「撮りたい! 」と思った時が始めどき
結婚記念日から始める
妊娠、という新たなスタート
赤ちゃんの誕生と共に
七五三や成人式などの慶事に
新居への引っ越し、入学、就職などの新生活を祝って
両親の記念日など、お祝いの日に
お正月、初詣へ行く時に
コラム4:毎年、干支のコスプレで撮る長山ファミリー

=======
第6章 幸せが育つ家族写真の楽しみ方
=======
スマホの待受画面にして、いつでもどこでも
スライドショーの動画にまとめる
プリントを飾り、みんなで見る
毎年撮って、年賀状にする
毎年1ページずつ増やせるアルバムにする
製本タイプのオリジナル写真集を作る
写真にメッセージを添えてプレゼントする
=======

エピローグ 東日本大震災から学んだこと

付録2 家族写真を撮影してくれる、オススメの写真スタジオ

おわりに

著者紹介

森藤 ヒサシ(もりふじ ひさし)

フォトグラファー
株式会社小貫写真館代表取締役、有限会社ブリス代表

茨城県水戸市で128年続く写真館の四代目。日本大学芸術学部写真学科卒業後、コマーシャルフォト業界大手へ2年間所属。
1992年に渡米し、ブルックス写真大学を学部最優秀賞で卒業。
2004年、自身の会社ブリスも立ち上げ東京でも撮影をはじめる。
これまで50万人以上の撮影に携わり、作家や企業の社長など著名人の撮影も多数く手がける。
現在は東京・田園調布を拠点とし、ブランディングフォト®や家族写真の撮影を中心に、写真展、セミナー、
「フォトグラファー養成講座」などを展開。
2019年写真館協会理事に就任。