書籍詳細 書籍詳細

店主は、猫

店主は、猫 店主は、猫
発行年月 2016年3月刊行
価格 定価 本体 1,600+税
判型 A5判
装丁 並製
ページ数 176ページ
ISBN 978-4-87290-793-3
内容紹介

岩合光昭推薦!
「招き猫とはお客様をもてなすだけではなく、店主にも幸せをもたらせる。
猫夫人が優しく語りかけながらシャッターを押す」

約30のお店で働く(?)、看板猫たちの、約200枚の写真と「猫愛」あふれる文章。路地裏で、店先で見つけた、台湾の猫と人の、あたたかい交流をつづったフォトエッセイ。

食べ過ぎでぽっちゃりの食料品店の猫から、近所の人に愛されるアイドル猫まで……。台湾の商店街で生きる、看板猫たちと地域の人々の交流を描く。
ただの可愛い写真集ではなく、人と猫との交流、猫たちの自然な姿、そして台湾の暮らしぶりを凝縮した一冊。地域猫や看板猫好きは勿論、台湾に興味のある人も必携の一冊。猫好きが愛でながら読書するのもよし、本書を通じて猫と人間の共存の仕方について考えながら読むのも良し……。猫を愛する気持ちは国境を越えても変わらない、ということを伝えるフォトエッセイ。

目次

◆目次

1章 台北市
 1-1台北の漢方薬局屋
 1-2台北の乾物屋
 1-3台北の製麺屋
 1-4台北の日用品屋
 1-5台北の靴屋
 1-6台北のぼたん屋
 1-7台北の果物屋

2章 新北市
 2-1新荘の豆花屋
 2-2新荘の花屋
 2-3新荘のDPE店
 2-4新荘の日用品店
 2-5三重の八百屋
 2-6烏来の温泉旅館
 2-7新店の日用品店
 2-8烏来のみやげ屋
 2-9烏来のレストラン

3章その他の地域
 3-1基隆の本屋
 3-2金山のさつまいも屋
 3-3瑞芳の喜餅屋
 3-4花蓮市の古書店
 3-5新竹のキャットストリート
 3-6苗栗のお面工房
 3-7苗栗の手作り家具工房

4章 番外編

著者紹介

猫夫人 (ねこふじん )

台湾桃園県出身の作家、写真家。猫をテーマとした写真で知られ、インターネット上では「猫夫人」と自称している。
践家政専科学校家政科を卒業。2007年に夫が経営する動物病院のウェブサイトに載せるために新北市瑞芳区光復里(侯?駅附近)へ行き、100匹以上の野良猫を撮影した。そして光復里の野良猫に関して環境整備あるいは医療や避妊・去勢の問題に取り組む猫愛好家のボランティアを募り、猫を捨てないようにとも呼びかけた。これがメディアで報道されるようになると光復里を猫愛好家が多く訪れるようになった。

天野 健太郎(あまの けんたろう)

1971年愛知県生まれ。
京都府立大学文学部文学科国中文専攻卒業。
2000年より国立台湾師範大学国語中心、国立北京語言大学人文学部に留学。その後、中国語会議通訳、出版翻訳、ビジネス翻訳などに従事。
翻訳作品に龍応台『大江大海1949』日本語版(白水社 2012年6月刊行)、『すぐ効くマッサージ』(辰巳出版)など。

小栗山 智(おぐりやま とも)

東京外語大中国語学科卒、台湾輔仁大学翻訳学研究所日中通訳科修了。
香港で放送通訳、金融翻訳などのインハウス通翻訳を経て、現在はフリーランス の日中通翻訳者。訳書に『敬天格物-中國歴代玉器ガイド』、『故宮勝概新編」、『名匠の魂と神仙の業―明清彫刻展【竹木果核篇/象牙犀角篇】』、 『国宝菁華』(以上国立故宮博物院刊行)、『詩情花意』、『悠閒靜思-陳進仕女之美』(以上台湾国立歴史博物館刊行)、『アウトサイダー ~闘魚~(上・下)』(竹書房)など。