書籍詳細 書籍詳細

社長は少しバカがいい。

社長は少しバカがいい。 社長は少しバカがいい。

弊社在庫ございません

発行年月 2013年1月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 256ページ
ISBN 978-4-87290-600-4
内容紹介

・稀代の名物社長、待望の著者デビュー!
・「脱臭炭」「米唐番」などシェアトップ商品を続々開発!
・ユニークなCMの力もあり「消臭力」を120億円ブランドに!
・商品ヒットと劇的リストラで株価360円→2380円にV字回復!
・P&G、ジョンソンなどグローバル企業を相手にイノベーションを武器に戦う!
・恐るべき実績に裏付けられた究極のリーダー論
「社長は社長をやれ!」
「理論家で成功したヤツはいない。ドシッとした腹をつくれ!」
「社員に慕われるより怖れられろ。ただし、憎まれるな!」
「反省はするな。悩むよりホラを吹け。ホラからイノベーションは生まれる!」
など20項目。

目次

目次

はじめに 



▼第1章 社長は社長をやれ。

[1]社長は、高く「旗」を掲げろ。

  社長とは「社長業」をやる人 
  仕事で命まではとられない 
  過去を全面否定できるのは、社長だけ 
  社長の武器は「言葉」だ 

[2]社長はバカになって、「本気」を伝えろ。

  「イヤなことをやる」のが社長だ 
  バカになるのも芸のうち 
  物事はすぐには動かない 
  社長業とは「忍耐業」だ 
  「捨てる」のは社長の仕事 

[3]あえて角番に立って、クソ度胸を出せ。

  ナンバーワンにならなければ、生き残れない 
  世界は戦国時代だ 
  会議をやるから、つまらないものしか生まれない 
  お客様の感性に訴える 
  「成功体験」を捨てろ 

[4]経営は歴史に学べ。

  競合が仕掛けた安値競争 
  ヒトラーは、挑発に乗ったから負けた 
  経営とは戦争そのものだ 

[5]社長は大ボラを吹け。

  衆知を集めるから、間違える 
  考え抜けば、アイデアと出合う 
  CMは投資である 
  ホラも本気で吹けば、現実になる 

[6]「運」と「勘」と「度胸」を磨け。

  最後の最後は、社長の「思い」の強さ 
  「これは行ける!」 
  博打に勝った者が、「成功者」となる 


▼第2章 社長はカッコつけるな。

[7]社長は、奇麗事を言うな。

  徹底したリアリストであれ 
  生き残るのは甘くない 
  道徳主義のカッコよさを捨てろ 

[8]暴走できるくらいの権力をもて。

  民主主義経営、その実態は無責任経営 
  独裁でなければ、スピード経営はできない 
  革命は、社長にしか起こせない 
  独裁にもチームワークは必要だ 
  暴走を止めるブレーキも仕込む 

[9]まず、怖れられろ。慕われるのは、その後だ。

  社長は舐められたら終わり 
  遠きと交わり、近きを攻める 
  ただし、憎まれてはならない 

[10]社長は、常に「最悪」を考えろ。

  備えもなしにホラを吹くのは、本物のバカ 
  「いくら得する?」より「いくら損する?」 
  命がけの博打はしない 
  「最悪」に備えるから、笑ってられる
 

▼第3章 社長は「人間」を知り尽くせ。

[11]社長は「常識」をひっくり返せ。

  「成熟市場」は、アイデア一発でひっくり返る 
  「聞いてわかる、見てわかる、使ってわかる」が、開発ポリシーだ 
  メーカーではない、感動創造企業だ 
  「常識」をひっくり返した者が勝つ 

[12]社長は「営業のプロ」であれ。

  年間1兆円以上を売り上げる営業マン 
  「しゃべり上手」で成功するヤツはいない 
  「商品」ではなく「人間」を売る 
  相手に関心をもてば、自然と道は拓かれる 
  土下座、ウソ泣き、なんでもやる! 
  社長は、営業部隊を掌握せよ 
  急所をつかんだら、鷹揚に構える 
  社長の営業力は、会社力そのもの 

[13]数字から「現実」をつかみ出せ。

  社長は自ら数字を読め 
  数字から「現実に起きていること」を読む 
  ビジネスは「勘」の勝負だ 
  30分でイカサマは見破れる 
  「人間」がわからなければ、「数字」は読めない 

[14]働き一両、考え五両、見切り千両。

  「見切り千両」はビジネスの鉄則
  リストラでは会社は立ち直らない 
  撤退作戦で心身ともにボロボロ 
  「成功」を見切るのが、一流の社長 
  無欲萬両 

[15]反省はするな、よく寝ろ。

  真面目じゃ社長は務まらない 
  社長は眠れなくなったら負けだ 
  絶対に反省などしない 
  率先垂範は必ず管理限界になる 
  大将は物見塔のてっぺんでボーッとする 
  イケシャーシャーで図太く生きる 

[16]会社には「シンボル」が必要だ。

  会社の存在意義とは何か? 
  社員と家族と会社の一体感を生む 
  お客様に感動を届ける 


▼第4章 社長は心意気をもて。

[17]バカでなくて大将が務まるか。

  大将がビクビクすると、パニックになる 
  社長が現場に出ると、大局を誤る 
  大将がニコニコしていれば、たいていはうまくい 
  心意気が試されるとき 

[18]社長は群れるな、逆を行け。

  俺たちは日本のメーカーだ、死んでもここから動かない 
  負けてたまるか! 
  元気がなくなれば、日本中がダメになる 
  鎮魂歌とエールを送れ 
  ミゲルの歌声で、心の霧が晴れた 
  「逆張り」が幸運を引き寄せる 

[19]いつでも、顔を高いところに向ける。

  いちばん大事なのは、人間が元気でいることだ 
  日本のためだ、文句があるか? 
  福島のための商品は、福島でつくる 
  算盤だけでは、会社はうまくいかない 

[20]変わり続けなければ、生き残れない。

  社員からの「手紙」で病院に担ぎ込まれた 
  みんな家族を守るために必死だ 
  会社のフォーメーションを変える 
  社長からパートまで脳を同期化させる 
  「自己否定」こそイノベーターの証 


あとがき 

著者紹介

鈴木 喬(すずき たかし)

エステー株式会社取締役会議長兼代表執行役会長。
1935年(昭和10年)、今でいう日用品のディスカウンターをしていた鈴木千蔵の四男として東京で生まれる。戦争にかり出された兄たちにかわり、小学生のころから家業を手伝う。東京大空襲で店を焼かれ、焼け野原のなか父のゼロからの再出発を支えた。 東京都立新宿高等学校を経て、59年一橋大学商学部を卒業。すでに、父と兄がエステー化学工業㈱(現エステー)を設立していたが、「もっと広い世界で活躍したい」と日本生命に入社。40代で法人営業部門を立ち上げ、年間契約高1兆円以上のトップセールスマンとして活躍した。
85年にエステーに出向。企画部長や営業本部首都圏営業統括部長などを経て、経営が苦境に陥った98年に社長就任。バブル期に膨らんだ「負の遺産」を大リストラするとともに、新商品開発を年間1点に限定。失敗の許されない状況で、全社の反対を押し切って発売した「消臭ポット」を大ヒットさせる。その後、チーフ・イノベーターとして「消臭力」「脱臭炭」「米唐番」などヒットを連発。社員数500人の「世界のニッチトップ企業」として、巨大グローバルカンパニーと戦う企業へと成長させた。 2005年3月期には創業以来最高の純利益18億円を達成、売上高も社長就任時から20%増やした。07年に社長を退任し会長に就任するも、リーマン・ショック後の危機を打開するため09年に社長に復帰。現在は代表執行役会長を務める。徹底したお客様志向の商品開発、ユニークなCMなど、イノベーティブな企業経営が注目を集めている。
週末に軽井沢にある別荘の近くでスポーツバイクに乗って汗を流すのが息抜き。座右の銘は「運と勘と度胸」。座右の書はマキャベリの『君主論』。