書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • ビジネス
  • 入社2年目のインバスケット思考
  • 電子版あり
  • ホーム
  • 心理
  • 入社2年目のインバスケット思考

入社2年目のインバスケット思考

入社2年目のインバスケット思考 入社2年目のインバスケット思考
発行年月 2011年11月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 256ページ
ISBN 978-4-87290-546-5
オンライン書店で購入

※電子書店はKindleでご購入いただけます。

内容紹介

入社2年目からでも“インバスケット思考”がマスターできる!
「入社2年目」以降に求められ続ける“一生ものの仕事の進め方”が、ゲームで身につけられる一冊。

「入社2年目」は、本格的な上司とのコミュニケーション能力や状況判断力・問題解決力が求められる大切な時期。
その入社2年目に求められるビジネスの基礎を、インバスケットによって、ゲーム感覚で身につけることができる。

【本書の特長】
●問題の選択肢として、入社2年目の4人のキャラクターが登場。その4人を見ることで、
 社会人がどう成長すればよいのかがわかる。
●インバスケットのフィードバックの過程を読むことができる。
●「入社2年目」と「5年後」のインバスケットを収録。インバスケット思考が段階的に身につく。

目次

第1章 入社2年目からインバスケット思考が必要な理由
 インバスケットの効果/入社2年目は熱意がなくなるとき/入社2年目は人生が変わるポイント/ビジネス風「守破離」をしよう/あなたのインバスケット思考度チェック

第2章 入社2年目のインバスケット「守破離の守」
 インバスケットのルール/本書のルール/ストーリー① 南国の研修センター/ストーリー② 謎の研修
問題・解説
案件1「言った通りできてないじゃないか!」
案件2「驚くようなコピー頼むよ!」
案件3「実は……無くしました」
案件4「聞いてないぞ、その話」
案件5「ゴーグル買ってこい!」
案件6「皆の意見が聞きたい!」
案件7「これでいいでしょ? キャッチコピー」
案件8「君、中国語得意だったよな」
案件9「勝手に変えたわね!」
案件10「取引先からのプレゼント」
案件11「くれぐれも忘れないように……」
案件12「お弁当増やしてください」
案件13「できるやつに学んでこい!」
案件14「夜まで待っても来なかったのですが……」
案件15「なんとかしてくれ、コピー機を」

第3章 今から5年後のインバスケット「守破離の破」
 ストーリー 台風の中で
問題・解説
1つ目の判断/「臨時便の要請」
2つ目の判断/「非常食の配布」
3つ目の判断/「どちらを搭乗させるか」
判断のその後/それから/沖からの最後のフィードバック/フィードバック後の4人

第4章 5年先の自分軸を創り上げる「守破離の離」
 自分のインバスケット思考を身につける/上司の行動を観察する/インバスケット思考を最大限に活用するには/定期的に自分に何が足りないかを確認する/必ず良い結果を出す「インバスケット思考」

著者紹介

鳥原 隆志(とりはら たかし)

株式会社インバスケット研究所

株式会社インバスケット研究所 代表取締役
1972年生まれ。大学卒業後、大手スーパーのダイエーに入社。販売部門や企画部門を経験し、10店舗を統括する店舗指導員(スーパーバイザー)として店長の指導や問題解決業務に従事する。管理職昇格試験時にインバスケットに出合い、研究・トレーニングを開始。その経験を活かして株式会社インバスケット研究所を設立。企業のリーダー研修などのためのインバスケット教材開発と導入をサポートする。日本で唯一のインバスケット・コンサルタントとして活動中。
著書は『究極の判断力を身につけるインバスケット思考』(WAVE出版)など、40タイトル、累計70万部以上。