書籍詳細 書籍詳細

ぼくの好きなキヨシロー

ぼくの好きなキヨシロー ぼくの好きなキヨシロー
発行年月 2009年10月刊行
価格 定価 本体 1,900+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 256ページ
ISBN 978-4-87290-436-9
内容紹介

去る5月2日、ガンで亡くなった清志郎の40年来の親友、泉谷しげると加奈崎芳太郎(元古井戸)が、若き日の清志郎との衝撃的な出会いから、盟友を失った現在の決意を激白する!

目次

1970年、渋谷ライブハウス、、〈青い森〉。弱冠19歳の清志郎、23歳の加奈崎芳太郎(元古井戸)、そして彼らの音楽に惚れ込んでいた泉谷しげる22歳はそこで出会った。自分たちの音楽性への絶対的な自信、世の中に受け入れられない苛立ち、不器用ながら音楽を通して育まれた友情を、清志郎との数々のエピソードと共に泉谷と加奈崎が綴る。

著者紹介

泉谷 しげる(いずみや しげる)

1948年5月生まれ。
1971年、エレックレコードより『泉谷しげる登場』でデビュー。1975年6月、吉田拓郎、小室等、井上陽水とフォーライフレコードを設立。1979年6月、テレビ朝日系ドラマ『戦後最大の誘拐・吉展ちゃん事件』に主演、テレビ大賞及び芸術祭優秀賞を受賞し、役者としても注目を浴びる。2008年5月11日、60歳還暦を迎え還暦記念ライブを開催。2009年5月、視聴者参加型動画配信サイト「泉谷しげるのコラコラ放送局」を開局。
著書に『とぎすまされた六感』(エム・ウエーブ刊)、『泉谷しげるが作品・IMPACT』(マイストロ刊)などがある。

加奈崎 芳太郎(かなざき よしたろう)

1949年2月、北海道札幌生まれ。
67年大学入学のため上京。70年2月、渋谷のフォーク喫茶〈青い森〉でステージ・デビュー。同年8月、仲井戸麗市らと「古井戸」結成。72年1月「唄の市 第一集」でレコード・デビュー。オリジナル・アルバム9枚を残し、79年11月久保講堂にて「古井戸」解散。
80年以降ソロを中心としたライヴとアルバム制作活動をし、09年2月、22枚目のアルバム「ピアノーフォルテ」を発表。