書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • 家を借りたくなったら
  • 電子版あり

家を借りたくなったら

電子版あり
家を借りたくなったら 家を借りたくなったら
発行年月 2008年2月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 230ページ
ISBN 978-4-87290-338-6
オンライン書店で購入

※電子書店はKindleでご購入いただけます。

内容紹介

売上良好「家を買いたくなったら」の著者が、「借りる時にはどうしたらいいの?」の声にお応えして、前著『ずっと「引っ越したい」あなたへ』を全面的に改訂しました。買う人も借りる人もこれで安心です!

目次

はじめに ___

 

第1章 「部屋探し」を始める前に

理想の部屋が見つかる時代に

・完全な借り手市場の到来

・部屋探しの基本は、多少の時間と少しの努力 __

・不動産はむずかしくない __

・データが証明する「物件あまり時代」 __

・巨大大家さん「リート」(不動産投資信託)がもたらす賃貸革命 __

・賃貸派でもいいじゃないか! __

 

相場観を身につける

・インターネットで下準備 __

・情報は集めることに意味がある! __

・良い部屋を見つけられる人、見つけられない人 __

 

第2章 不動産屋さんを訪ねてみよう

不動産屋さんの見分け方

・複数の不動産屋さんとおつきあいする

・良い不動産屋さん、悪い不動産屋さん

・不動産屋さんを見かけで判断してはいけない

・広域タイプの不動産業者におけるメリット・デメリット

・お宝物件に出会いやすい「地元密着タイプ」の不動産屋さん

・地元密着タイプは千差万別です!?

 

良い部屋を紹介されるお客になる!

・ケース別・不動産屋さんとのかけひきのしかた

 ■1「実は、他にも希望者がいるんですよね」と言われたら

 ■2「この部屋、おすすめですよ」と言われたら

 ■3「引っ越しはいつまでに?」と入居希望日を聞かれたら

 ■4「どこに行っても同じだよ」と引きとめられたら

・不動産屋さんを訪ねるときのテクニック

・不動産屋さんに気に入られるコツ_

・不動産屋さんに嫌われるのはどんな人?

・不動産屋さんとのおつきあいの5カ条

 

知っておきたい豆知識

・「元付け」「客付け」のしくみを知っておく

・店頭にある貼り出し情報のかしこい見方

・部屋探しに最適のシーズンは?

・不動産屋さんを訪ねる時間帯は? 

・不動産屋さんに行きはじめるタイミングは? 

・アパートとマンション、どうちがう? _

・その物件は本当にマンションか? __

 

column 1 家を出ることのすすめ

 

第3章 内見・下見のチェックポイント

内見前の下準備

・まずは地図で周辺環境を調べる

・交通手段や公共施設を確認する

・地図やコンパスを持っていく

・まずはひとりで物件を見にいく

・周辺環境をチェックする

 

いざ内見!

・内見は、とにかく数をこなすこと

・内見時に注意したいこと

・目からウロコの内見チェックポイント

・「格安物件」にありがちな落とし穴

 

見落し注意のチェックポイント

・生活の快適さは建物の設備・構造で決まる

・建物の住人に聞き込み調査!

・昼と夜、平日と休日でガラリと変わる周辺環境

 

あなたの「良い部屋」エリア

・自由が丘や代官山で、安く住むためには

・「お宝エリア」はどこにある?

 

column 2 豪邸に住む人に幸せな人はいない?

 

第4章 こだわり派の賃貸物件

ワガママで探すと実はお得!?

・分譲タイプはあらゆる面で優れもの

・短期で勝負のリロケーション物件

・格安の都民住宅、公団住宅、特優賃

 

誰かと暮らすという発想

・ルームシェア(ハウスシェア)のすすめ

・「コレクティブハウジング」という新しい暮らし方

 

それでもダメなら自分でつくる

・部屋を「改造」できるのか!?

・壁紙やトイレの改造は意外にかんたん

 

リフォーム可には可能性あり!?

・築年数の古いものをリフォーム

・リフォーム相談可物件の見分け方

 

column 3 あなたの夢に近づいて引っ越してみよう

 

第5章 契約を交わす

めんどうだけど大切なこと

・あなたにとって不利な契約内容は無効になる

・あなたには「住む権利」が保証されている

・大家さんには借家人を選ぶ権利がある

・契約時に必要な書類

・火災保険ではどこまでカバーしてくれる?

 

契約前に知っておくこと

・ポイントは、賃料と支払い日、禁止事項

・契約がすんだら引き返せない

・「手付金」と「申込金」のちがい

 

裏ワザで交渉してみる!?

・ダメもとで礼金ゼロを交渉

・敷金は預けた分だけリスクにさらすことになる

・仲介手数料の割引につられない

 

column 4 失敗したときはどうすれば良い?

 

第6章 住みはじめてからの注意点

つねに相場を意識せよ

・なぜそこに住み続けるのか

・家賃は「上がる」のではなく「下がる」時代

・更新のチャンスをいかして値下げ交渉をする

 

あらためて更新について

・「更新料」は絶対に払わなければならないのか

・「法定更新」という選択

 

いつかくる「退室日」のために

・入室時に念入りにチェックし、写真を撮っておく

・備品などをこわせば弁償する

 

column 5 最も貴重な資産

 

第7章 退室にまつわる法律知識

退室時に大切なこと

・退室の申し出は30日前までにすませる

・誤解されがちな「原状回復義務」の意味

 

敷金トラブルを回避しよう

・「敷金」の正しい意味を知る

・敷金が戻ってこない2つの理由

・敷金トラブルは、納得するまであきらめない

・退室時の立ち合いは必須

・立ち合いがない場合は写真を撮って自分でチェック

 

それでもダメならのアドバイス

・まずは内容証明郵便を打ってみる

・要点をまとめ簡潔に書く

・内容証明がダメなら、少額訴訟制度へ

 

泣き寝入りしない方法

・「少額訴訟制度」を利用する

・少額訴訟のケーススタディ

・少額訴訟の基本原則

 

column 6 人生はサイクルを描く

 

 

おもな賃貸物件情報サイト

 

お部屋探し便利帳

 賃貸用語集

 引っ越し時のチェック項目

 

おわりに

著者紹介

長谷川 高(はせがわ たかし)

不動産コンサルタント。長谷川不動産経済社代表。
「不動産を誰にでもわかりやすく伝える」ことをモットーに、テレビ、雑誌、講演活動など幅広く活動中。
著書に『家を買いたくなったら』『家を借りたくなったら』(WAVE出版)がある。