書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 人文
  • 焼かれる前に語れ

焼かれる前に語れ

焼かれる前に語れ 焼かれる前に語れ
発行年月 2007年9月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六判
装丁 上製
ページ数 240ページ
ISBN 978-4-87290-317-1
内容紹介

「本当の死因は体を開いてみなければわからない!」司法解剖医が明かす死因究明の事情。年間15万体の「変死体」のうち、司法解剖されるのは僅か5000体あまり。日本は先進国で最も死因究明が遅れた国だった!

著者紹介

岩瀬 博太郎(いわせ はくたろう)

千葉大学大学院法医学教授 ・ 解剖医

千葉大学大学院法医学教室教授・法医学者。
1967年、千葉県生まれ。東京大学医学部卒業。同法医学教室を経て、2003年から現職。日本法医学理事。千葉県内に出る変死体のうち、年間200体以上の解剖を行う。メディアを通じて、現在の日本における死因究明制度の不備を指摘し続け、また、法医学の世界の窮状を打破すべく国会に働きかけるなど、日々走り続けている。著書に『焼かれる前に語れ』(WAVE出版)がある。

柳原 三佳(やなぎはら みか)

ノンフィクション作家

ジャーナリスト・ノンフィクション作家。
交通事故、司法問題等をテーマに執筆や講演、テレビ出演等を行う。
2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じてきた。