書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 社会
  • 石原慎太郎の帝王学
  • ホーム
  • 人文
  • 石原慎太郎の帝王学

石原慎太郎の帝王学

石原慎太郎の帝王学 石原慎太郎の帝王学

弊社在庫ございません

発行年月 2002年10月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六判
装丁 上製
ページ数 231ページ
ISBN 978-4-87290-140-5
内容紹介

都政取材25年の敏腕ジャーナリストが石原慎太郎都知事の
知られざる素顔と、カリスマ知事の下で揺れる、
マンモス組織の生の姿を取材。
その経営手腕を鋭く分析・検証した画期的な書。

目次

第1章 石原都知事の登場と都政改革
時代が求めた石原都知事
東京都政の歩みと停滞
雪辱を果たした「リベンジの男」
スピード感と現場主義
都市再生を国家戦略に

第2章 首都東京の都市再生と活性化戦略
「首都再生」首都移転にNO!
「首都再生」首都圏メガロポリス構想
「首都再生」東京ベイエリア21
「首都再生」羽田空港の再拡張・国際化
「首都再生」東京駅周辺再生整備
「産業再生」秋葉原シリコンアレーの構築
「産業再生」中小企業債券市場の創設
「産業再生」観光振興とカジノ構想
「産業再生」東京都ロケーションボックス
「都市外交」アジア大都市ネットワーク21

第3章 都政改革への取り組みと危機管理
「行財政改革」財政再建推進プランと給与削減
「行財政改革」外形標準課税(銀行税)
「行財政改革」ホテル税(宿泊税)
「危機管理」三宅島噴火災害対策
「危機管理」ビッグレスキュー東京
「危機管理」不法外国人犯罪防止対策
「環境改革」ディーゼル車NO作戦
「医療改革」救急医療・都立病院改革
「福祉改革」認証保健所
「教育改革」都立大学・高校改革・心の東京革命

第4章 石原慎太郎の帝王学
「親父の復権」への期待
政治の復権と歴史認識
マンモス都庁改革と危機管理

参考文献

著者紹介

森野 美徳(もりの よしのり)

ジャーナリスト。
日本経済研究センター主任研究員。
1950年鎌倉市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。
日本経済新聞社記者、編集委員として25年間にわたり都政を取材。美濃部亮吉、鈴木俊一、青島幸男、石原慎太郎の4代の都知事と間近に接し、それぞれの政策をつぶさにみてきた。
現在は都市政策・地域経済の専門ジャーナリストとして活躍中。東京大学都市工学科、慶応義塾大学大学院の非常勤講師を兼務。