書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • エッセイ
  • 誰にも言えない夫婦の悩み相談室

誰にも言えない夫婦の悩み相談室

誰にも言えない夫婦の悩み相談室 誰にも言えない夫婦の悩み相談室
発行年月 2019年11月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-86621-241-8
内容紹介

夫にイライラ、甘えられない、セックスレス、婚外恋愛、不倫etc
「夫といるとイライラしてしまいます」
「夫に甘えられない、頼れない」
「夫のことを男として見られません。いい人だとは思うけど」
「夫に嫌悪感が」
「産後、夫とセックスしたくなくなりました。夫はしたいようだけど、私は寝たふりをして避けています」
「夫とはレスです。外に彼ができてしまい、夫と離婚するか悩んでいます」
「夫にセックスを拒否されていて、もう一生できないのかなって落ち込んでいます」

“パートナーシップと性のカウンセラー”である著者のもとには、このような相談が女性から数多く寄せられます。

そんな女性たちに多い共通点は、
「しないほうがいいことまでしている」こと。

男性とのコミュニケーションと
自分のあり方を変えれば、現実は変わります。

夫との仲がよくなったり、赤ちゃんを授かったり、
逆に自分の気持ちが明確になって離婚を決意したり、
新しい彼ができたり。
約3,000人の悩みを解決してきた人気カウンセラーによる
優しい答え、新しいヒントで、
あなたらしい幸せを見つけませんか。

目次

************************************
第1章「男性と対等でいたい」と戦う女は、パートナーシップでつまずく
************************************
・女性はみんな、負けず嫌い
・すべての女性に提案したい「負けるが花」
・あなたの本当の気持ちを教えてくれる秘密の宝箱
・こういう場合は受け入れなくていい
・期待した反応が返ってこない、そんなときは……
・セルフケア1 自分のご機嫌とり
・セルフケア2 疲れてくたくたになるまでがんばらない
・セルフケア3 いい気分になれることをする
・ごめんなさいの伝え方
・可愛らしく甘えなくていい
ほか

************************************
第2章  セックスレス・性の悩み
************************************
・「しない」ことが問題なのではない
・どうコミュニケーションしていいかわからないのが問題
・よくあるセックスレス事情
・拒否されることの痛さ、苦しさ、悲しさ
・彼の本音を聞きたい、引き出したい
・セックスの話、どう切り出せばいい?
・「0か100か」ではなく、その中間を探す
・夫はしたくない、私はしたい。もうどうにもならない?
・夫とセックスしたくない妻のつらさ
・産後の危機の乗り越え方
・演技はやめてね、心が死ぬから
ほか

************************************
第3章  不倫・浮気・人に言えない恋愛
************************************
・セックスレスのあるところには必ず、人に言えない恋愛が生まれる
・「理性 vs. 本能的欲求」の戦い
・浮気をしたくなる本当の理由は?
・夫が浮気をする3大原因
・女性が浮気をするのは、「それが必要だから」
・浮気相手が必要なとき、必要でなくなるとき
・セックスで「何を」満たそうとしているのか
・夫婦の円滑剤となる、婚外の彼「ひらく君」
・タブーを許す 
・大好きだった彼と別れる方法
・別れたがらない彼と別れるには
ほか

************************************
第4章  夫婦のお悩みQ&A
************************************
・夫に対して攻撃的になってしまう
・男性を「褒める」「立てる」がわかりません
・夫がいつも怒っているので、一緒にいるとつらい
・彼からセックスを誘ってほしい。私からは誘いたくない
・私は一生、セックスレスでも我慢しなければならないの?
・浮気されたショックがフラッシュバック、どうしたらいいの?
・彼にもっと会いたいのに、会ってくれない
ほか

著者紹介

小野 美世(おの みよ)

愛知県生まれ。京都在住。2児の母。結婚前に経験したセックスレス(拒否される側)の悩みを機に、カウンセリングの世界と出会う。2013年、心屋塾認定講師となり、性・セックス・セクシュアリティなどのカウンセリングやセミナーを行っている。性に関する真摯なブログには「読むだけで楽になった」「性の悩みへの優しい回答が書いてある」という声が多くの女性たちから届いている.。これまでアドバイスしてきた女性約3,000人のケースを元に本書を上梓。