書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • ビジネス
  • 9%のトップエリートがやっている最強の「判断力」

9%のトップエリートがやっている最強の「判断力」

9%のトップエリートがやっている最強の「判断力」 9%のトップエリートがやっている最強の「判断力」
発行年月 2016年8月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 336ページ
ISBN 978-4-86621-011-7
内容紹介

「一流ビジネスマン」は、問題を解決する時、何を考えているのか?

著書累計50万部「インバスケット」の第1人者最新刊!

後回し あいまいな判断 ムダな時間投資 をやめて結果を出す!
1万人以上の「働く人の頭の中」を見て来たプロが教える
今まで書かなかった、「デキる人」の 思考プロセスとは?

ビジネスマンで、問題を抱えていない人はいません。そして、その問題を解決するために大小問わずの「判断」をしない日はありません。ですが、私が過去に1万人以上の方を見てきて、わずか9%の方だけが、正しいプロセスを経て判断をしています。本書は、ビジネスマン、特に「課長、係長」クラスの「部下を抱えているサラリーマン」の方に、誰でも潜在的に持っているスキルで、正しい判断を下せる方程式を教える一冊です。
課長クラスの人達は、「社長の無茶ぶり」「部下の離職の相談」「大事になりそうなクライアントからのクレーム」などの問題を抱えています。
「よく起きるであろう、課長クラスの人なら経験する問題の処理は、誰もが潜在的に持つ10のスキルを鍛えて組み合わせれば解決できる」と著者は説きます。
 「決められない」のは「センスが無い」のでも、「優柔不断な性格だから」でもありません。ノウハウ(方程式)さえ身につければ、誰でも常に速く正しい判断が下せます。本書では、インバスケット思考をベースに、エリートが自然と行っている「判断」する力が身につく1冊です。

著者紹介

鳥原 隆志(とりはら たかし)

株式会社インバスケット研究所 代表取締役

株式会社インバスケット研究所 代表取締役
1972年生まれ。大学卒業後、大手スーパーのダイエーに入社。販売部門や企画部門を経験し、10店舗を統括する店舗指導員(スーパーバイザー)として店長の指導や問題解決業務に従事する。管理職昇格試験時にインバスケットに出合い、研究・トレーニングを開始。その経験を活かして株式会社インバスケット研究所を設立。企業のリーダー研修などのためのインバスケット教材開発と導入をサポートする。日本で唯一のインバスケット・コンサルタントとして活動中。
著書は『究極の判断力を身につけるインバスケット思考』(WAVE出版)など、40タイトル、累計70万部以上。