書籍詳細 書籍詳細

パチンコ屋に学ぶ経済学

パチンコ屋に学ぶ経済学 パチンコ屋に学ぶ経済学

弊社在庫ございません

発行年月 2007年10月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-87290-310-2
内容紹介

どうしてパチンコは、人を夢中にさせ、リピートさせるのか?小難しいビジネス理論や経営学を、パチンコ屋の「仕掛け」から易しく解き明かす。ベストセラー『28歳からのリアル』著者の渾身の一冊。

目次

まえがき

第1話 パチンコ屋で学ぶ経済学

・「魔法の銀玉」から学べること

・経済学の「不純」な出発点

・ダイエットは経済学で成功する

・経済学は結婚の近道にもなる

・損してしまう思考法

・判断基準となる重要な数字とは?

・「波」という幻覚にまどわされるな

・ハッピーになるための選択方法

・オポチュニティ・コストで考えよう

・電車とタクシー、どちらが得か

・価値の変化を考える

・店選び、台選びは人生に活きる

・コラム●「パチスロ冬の時代」はいつまで?

 

第2話 打って、勝って見えてくる向こう側

・じつは曖昧な勝ち負けの境界線

・パチンコ屋で学ぶ正しい「勝ち」の定義

・アメリカも日本も負け国家

・マルクスが気にくわなかったこと

・解決策は「みんな公務員にすること」!?

・オレのものはオレのもの

・あるアメリカ人の質問

・権兵衛と千代は果実を食べない

・やりすぎるとバカになる

・パチンコで「勝とう」と思ったらいけない

・信じるものはバカをみる

 

第3話 「パチンコは勝てない」の真偽

・失われた根拠を求めて

・経営難にならない会社の作り方

・小学生にもわかる経済学の基本

・マクロで見る「負ける理由」

・もうける人は「向こう側」に行く

・いっぱいもうけるための経済学

・扱いやすいかせぎ手を使う

・パチンコ屋にサラリーマンがいるのはなぜ?

・世界がものすごく小さい国だったら

・ケチな人がいると失業が起きる!?

・八百屋や大工はどう救えばいいのか

・ヒット機種に見る「パレートの法則」

・不人気台を残す「ロングテールの法則」

・「16%の境界線」を超えられるか

・ヒット機種は「オピニオンリーダー」が作る

・名機「ラッキーチャンス」が落ちたミゾ

・答えが2つあってもいい

・理論の弱点

・コラム●グレーゾーン金利廃止は是か非か

 

第4話 なぜパチンコ屋は駅前に集まるのか

・なにごとも「作戦」で決まる

・消費者を引きつける戦略のキホン

・打ち手の好みがラインナップを決める

・重要な客とそうでもない客を見分ける方法

・いろいろな店が駅前に集中するのはなぜ?

・モテる人はアクセスがいい

・田舎と都会ではどちらがお客にメリットがあるか

・キャラクターでファン層を開拓する

・ブランドって何でしょう

・「見えざる手」がお客にメリットを与える

・葬られた「昭和のパチンコ屋」

・「見えざる手」は世界をも動かす

・競争あるところに成長あり

・平和が一番!?

 

第5話 5万円負けた客が明日もまた並ぶ理由

・3段階でおこなう集客の流れ

・宣伝は「目立ったもの勝ち」

・内容よりも雰囲気が重要

・常連が増えると経営が安定する

・無料で配るジュースに隠された戦略

・ユニバーサルギャンブルになったパチスロ

・ムダなものには1円もかけない

・必要最低限のサービスで十分

・ほしいのは「ドリル」ではなく「穴」

・「射幸心」はすべての原動力

・コラム●隣の席が近い理由

 

第6話 人を幸せにする「ウソの法則」

・パチンコ屋はウソだらけ?

・アッシュいわく「人はつられる」

・「行列」を作るテクニック

・ウソくさい情報ほど気になる

・「いい店」という噂の店はホントにいい店か

・口コミにはウソが隠されている!?

・もっとも非経済学的な「占い」の世界

・お客様は神様でも何でもない

・「威嚇」で秩序を守る

・「台移動自由」で得するのは誰か

・自由なものほど価値が低くなる

・「やれそう」と「やれる」のちがい

・「この台は出る」という思い込み

・パチンコで勝てない数学的理由

・もっとも負けにくいギャンブルはなに?

・「デイトレはもうかる」というウソ

・ルーレットに学ぶ経済学

・「50%」という確率から生まれた攻略法

・勝つために必要な3つの条件

・ウソにもマナーがある

・コラム●リーチをもっと楽しもう!

 

第7話 経済学と道徳

・知識で動かせるもの

・モラルの危機・利益と道徳は共存できるのか?

・「安全第一」が示すもの

・「一緒に仕事をしたい人」の条件

・道徳は人からしか学べない

・モンスターペアレントにたりないもの

・子どもが株をやる意味は何ですか?

・パチンコ屋もコンプライアンスの時代へ

・「見える」ことは安心である

・パチンコ屋の環境対策

・知識の前に人格を

おわりに

著者紹介

伊達 直太(だて なおた)

雑誌、書籍の編集者を経て、現在フリーランスでビジネス書の執筆、企業の広告や販促物の制作を行う。またFP技能士として保険や投資に関する記事を執筆する。
著書に、『パチンコ屋で学ぶ経済学』『まずはフツーをきわめなさい』、共著に『28歳からのリアル』シリーズ、『35歳からのリアル』シリーズ、『40歳からのリアル』(すべて小社刊)、『30代からのお金のトリセツ』(泰文堂)などがある。
仙台市出身。東京都在住。魚座。A型。
座右の銘は「勝つまでやれば、負けません」。