書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 児童書
  • ゆうかんなねこ?くろすけ

ゆうかんなねこ?くろすけ

ゆうかんなねこ?くろすけ ゆうかんなねこ?くろすけ
発行年月 2017年4月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 B4判変形
装丁 上製
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-87290-967-8
内容紹介

勇気と元気だけがとりえの子猫くろすけの、前代未聞、はちゃめちゃで破天荒な冒険がはじまった!

アメリカで子どもたちの心をがっちりとらえてはなさなかった、底抜けに楽しいこねこの絵本がついに日本で刊行!

勇気だけはだれにも負けないぞ!と心から信じている子猫のくろすけがめざしているのは、威風堂々かっこいいスーパーねこ。スーパーねこなら、もちろん「ねずみ」を追いかけまわさければいけないと、ねずみさがしの旅に出るのですが、なにしろまだ生まれてまもないくろすけは、ねずみを見たことがありません。出会う動物たち1ぴき1ぴきに、「あなたはねずみですか?」とたずねてまわることに……。ついにねずみにばったりいきあうことができたのですが、賢いねずみにだまされて、怪物をねずみだと思い込まされてしまいます。ついにねずみ退治の時が来た!と、ねずみ(怪物)に戦いをいどむくろすけでしたが、もちろんねずみ(怪物)に勝てるはずはなく、あっけなくねずみ(怪物)怪物のお腹の中へ……さあ、くろすけの運命やいかに?!

目次

出版社(編集者)からのコメント
ちっちゃいこねこの、とぼけて無鉄砲な姿がとにかくかわいくて楽しい絵本です。子どもたちに一度でも読み聞かせてもらえれば、アメリカであっというまにベストセラーになったのが、すぐにわかるはず。読者を笑わせて、はっとさせて、心配させて、ほっとさせる、ジェットコースターのような物語。子どもたちにうけないはずがありません。読者の子どもたちはきっと、主人公のくろすけといっしょに、わくわくどきどきの冒険を楽しんでくれることでしょう。

著者紹介

エド ヴィアー(えど ヴぃあー)

絵本作家であり、画家。
鉛筆をもてる年になるやいなや絵を描きはじめ、5歳のときには将来画家になることを心に決めていた。はじめての絵本”The Getaway”がハイランド児童書賞を受賞。2作目の“Banana”がケイトグリーナウェイ賞候補になるなど、デビュー直後から高い評価をえる。
著作は多数。翻訳された絵本に『ぴよぴよひよこ』(フレーベル館)など。

木坂 涼(きさか りょう)

詩人であり、児童文学作家、翻訳家。
翻訳絵本から創作絵本、童話まで、数多くの作品を手がけている。
作品に、詩集『ひつじがいっぴき』(フレーベル館)、絵本『かげはどこ』(福音館書店)、翻訳絵本『ぼくはちっともねむくない』(BL出版)、『あかいかばんのひみつ 』(国土社)など多数。