書籍詳細 書籍詳細

竜の騎士

竜の騎士 竜の騎士
発行年月 2003年9月刊行
価格 定価 本体 1,800+税
判型 四六判
装丁 上製
ページ数 574ページ
ISBN 978-4-87290-162-7
内容紹介

好評既刊「どろぼうの神さま」の
コルネーリア・フンケの邦訳二作目!

目次

目次

悪い知らせ
雨の中の話し合い
忠告と警告
大きな街と小さな人間
船ネズミ
竜の火
暗くなるのを待って
まいごになる
黄金の竜ネッセルブラント
スパイ

とらわれの身
バシリスク
ヴィーゼングルント教授の話
飛び脚の第二の報告
ひたすら南へ
カラス
ヴィーゼングルント教授の訪問者
道しるべ
魔神(ジン)の峡谷
飛び脚の決心
消えた月

ネッセルブラントの怒り
インダス川の河口で
思いがけない再会

竜の騎士の墓で
裏切り者、飛び脚
ネッセルブラント、すべてを知る
帰ってきた竜の騎士
真っ赤な嘘
目には目を
ベンがさらわれた
巨鳥の巣で
消えた足どり
たき火の跡
僧院
ネズミの報告
キースバルトのはたらき
ブル・ブル・チャン
別れと出発
追跡者
空の果て
月の目
竜の洞窟
いやだ!
捕まえた
計画
だまされたスパイ
狩りの準備
ネッセルブラントの最期
小人の願い
竜が目を覚ます
さあ、どうする?
帰還
よい知らせ

著者紹介

コルネーリア フンケ(コルネーリア フンケ)

1958 年ドイツの西部、ヴェストファーレン州の町ドルステンに生まれる。
ハンブルク大学で教育学を修め、卒業後、教育者としての仕事のかたわら、専門大学で本のイラストレーションを学ぶ。当初は子どもの本のイラストレーターとして出発。28 歳の時からは自分で文章も書くようになり、以後フリーのイラストレーター、作家として活躍している。
ドイツでもっとも著名な児童文学作家の一人であり、ウィーン児童文学賞、チューリヒ児童文学賞などこれまでに数多くの児童文学賞を受賞している。
著書に『どろぼうの神さま』『竜の騎士』『魔法の声』『魔法の文字』『魔法の言葉』『鏡の世界』(小社刊)などがある。

細井 直子(ほそい なおこ)

横浜市青葉区生まれ。
慶應義塾大学ドイツ文学科大学院博士課程修了。
ドイツ児童文学研究のため、ドイツ・ケルン大学に3年間留学。
現在、慶應義塾大学非常勤講師。
訳書にトールモー・ハウゲン『月の石』、コルネ―リア・フンケ『どろぼうの神さま』(ともに小社刊)、カール・グスタフ・ユング『夢分析Ⅱ』(共訳、人文書院)がある。