書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 健康
  • 「がん手帳」のつけ方
  • ホーム
  • 暮らし
  • 「がん手帳」のつけ方

「がん手帳」のつけ方

「がん手帳」のつけ方 「がん手帳」のつけ方
発行年月 2014年6月刊行
価格 定価 本体 1,200+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 160ページ
ISBN 978-4-87290-688-2
内容紹介

不安がやわらぎ、治療の質が上がる
抗がん剤治療中の方、再発を恐れる方へ

抗がん剤治療の副作用はつらい。嘔吐、下痢、疲労感、口内炎など、様々な症状が患者さんを襲う。それなのに、来院時は「つらかったことを忘れている」ことが多いという。患者さんの自宅での状態を正確に把握するために、10年前に「手帳」を開発したのが著者・相羽惠介医師。本書はその臨床経験を生かし、がん患者全体に向けて、治療に役に立つ手帳のつけ方を指南する。

目次

相羽惠介(医師)

東京慈恵会医科大学内科学講座 腫瘍・血液内科主任教授。東京慈恵会医科大学附属病院副院長。
慈恵医大奉職、米国国立癌研究所(NCI)癌治療部門留学、癌研究会附属病院を経て、2006年より現職。
患者さんに役立つ真のチーム医療を追求し、15年前に「患者手帳」を開発、毎年改良を重ねてきた。「医療は実学、サイエンスだけではない。アートもサービスもある」という考え方で、多角的に患者さんを支えるべく、日々奔走している。趣味はノンフィクション読書とごろ寝。

著者紹介

相羽 惠介(あいば けいすけ)

東京慈恵会医科大学 腫瘍・血液内科教授

東京慈恵会医科大学内科学講座 腫瘍・血液内科主任教授。
東京慈恵会医科大学附属病院副院長。
慈恵医大奉職、米国国立癌研究所(NCI)癌治療部門留学、癌研究会附属病院を経て、2006年より現職。
患者さんに役立つ真のチーム医療を追求し、15年前に「患者手帳」を開発、毎年改良を重ねてきた。
「医療は実学、サイエンスだけではない。アートもサービスもある」という考え方で、多角的に患者さんを支えるべく、日々奔走している。趣味はノンフィクション読書とごろ寝。