書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • 新版 公立中高一貫校合格への最短ルール
  • ホーム
  • 子育て
  • 新版 公立中高一貫校合格への最短ルール
  • ホーム
  • 教育・学参
  • 新版 公立中高一貫校合格への最短ルール

新版 公立中高一貫校合格への最短ルール

新版 公立中高一貫校合格への最短ルール 新版 公立中高一貫校合格への最短ルール
発行年月 2013年2月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 A5判
装丁 並製
ページ数 192ページ
ISBN 978-4-87290-602-8
内容紹介

2008年の発刊以来、唯一の「公立中公一貫校」の「適性検査対策」をテーマとした本をこの度新版化。平成24年度の最新問題や傾向・専門家ならではの分析を加味し、さらに内容を充実させました。従来の「学力試験」とは異なる適性検査の攻略法はもちろん、子どもの学力の伸ばし方、考える力のつけかたがわかる本としても活用できます。
東京都中高一貫校がはじめて設立された2005年から、その設置校も増え、公立中高一貫校の人気が高まるなか、ぜひ小学生のお子さんを持つご両親に読んで欲しい1冊です。就職氷河期のなか、単なる「受験に勝てる子」ではなく、きちんと就職し、社会で働ける人材に育てたいと願うご両親がますます増えるなか、社会人になったときに勝てる総合力のある地頭をもったお子さんを育てることの役立つ1冊です。

目次

1章 適性検査で求められるもの
2章 適性検査で問われる3つの力①読み取る力
3章 適性検査で問われる3つの力②気づく力
4章 適性検査で問われる3つの力③伝える力
5章 今日から実践! 3つの力を伸ばすコツ
6章 適性検査で問われる親子のあり方

著者紹介

若泉 敏(わかいずみ さとし)

森上教育研究所 特任研究員
私立小学校教諭、大手進学塾特進クラス講師を経て、1982年に学習塾「スクールETC」を開塾。受験対策にとどまらず、国立大学付属小学校や私立小・中学校に通う生徒を対象に、本物の学力を身につけるための特別講座「思考力養成講座」を行う。
公立中高一貫校の適性検査が思考力を問うものだったため、若泉式の日本語読解力、記述表現力の指導法が注目を集め、森上教育研究所の森上展安氏の助言により、適性検査問題の研究を開始。
適性検査研究の第一人者として通信教育サービス会社や大手進学塾向けに情報発信するほか、塾経営者らを対象にした講演等を行っている。