書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • ビジネス
  • 「好きなこと」だけで生きぬく力
  • ホーム
  • 心理
  • 「好きなこと」だけで生きぬく力

「好きなこと」だけで生きぬく力

「好きなこと」だけで生きぬく力 「好きなこと」だけで生きぬく力
発行年月 2012年1月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-87290-541-0
内容紹介

「好き」という気持ちが、人を強くする。
老舗フィギュアメーカー・海洋堂社長による、
自分の“好き”を極めて勝ち続けるための思考法。

目次

はじめに 「好き」という力が、人を強くする

第1章 “非”常識な力を身につける
仕事には「特別扱い」を求める
「誰も買わない」と思うモノをつくる
非常識が、人の心をつかむ
ヒット商品にマーケティングはいらない
手を抜くことは、つらいこと
世界観をこめたモノをつくれ
上から目線で仕事しろ!
退路を断って、新たなヒットを生む
仕事には“縛り”を設ける
見失わない力を持て
窮地こそ、とことん楽しめ!
突破力のある仕事をする
「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」経営術

第2章 究極のプロに学ぶ仕事力
「どやっ!」といえる商品をつくる
才能を目覚めさせるのに必要なこと
才能を目覚めさせるのに必要なこと
場の持つエネルギーが人を変える
ほったらかせば、人は育つ
誰もわからない「10点」を追求する
凡才が天才になる瞬間
愛すべきオタクのポテンシャル
陽の当たらない場所でしか生まれないもの
仕事とは「戦う」こと
客とメーカーは戦友になれ!
世の中の「こうすべき」を越える
商品に市民権を持たせる
覚悟があれば、手は抜けない
世の中のブームにまどわされるな!
“買いにくいもの”を売るよろこび

第3章 「人間力」こそ最強の武器
組織は個人のプライドと能力を引き出せ
才能は、みんなで高めるもの
肩書きは重く、フットワークは軽く
自分を「完成形」にするな
仲間に嫌われるのを恐れない
「巻き込む力」で仕事を楽しむ
仲が良くても、なあなあになるな!
「ダメさ」も魅力のひとつ
弱点を補うより、得意分野を活かす
本質を理解して、プロデュースする
サービス精神はとことん待つ
正しいフェミリー経営もある!

第4章 死ぬまで買わせる技術
「勝ち負け」にはこだわれ!
ちゃぶ台をひっくり返す覚悟を持つ
取引先とは、どつき合え!
利用価値のある人になれ
独占しても何も得られない
どんな相手にも真剣に向き合え
頼まれたら、断らない!
めんどくさいことを、あえてやる
志のある、商品を届ける
命懸けのテーマを持つ
仕事の疲れは仕事でとる
人生のハードルを下げるな!

第5章 「好き」を極めて生きていく
ジタバタし続ければ、道は開ける!
無謀なことや馬鹿げたことの大切さ
危ない橋こそ、よろこんで渡ろう
ひらめきは、即行動!
“もうひとりの自分”と向き合う
秩序を持って無茶をしろ!
好きなことを仕事に結びつける
伝統や型にとらわれない勇気
やりたいことを、やるために稼ぐ
「好き」という使命感を持つ
「好き」は、武器になる
5年後を見るな、100年後を見ろ
自分だけの「好き」を基準にする

おわりに 「あるべき姿」より「こうありたい」を大切にする。

著者紹介

宮脇 修一(みやわき しゅういち)

フィギュアメーカーの老舗、(株)海洋堂代表取締役社長。
1999年、「チョコエッグ」を生み出し、爆発的にヒットさせる。
その後、多くのメーカーとコラボし、食玩だけにとどまらず、様々な付録や博覧会のフィギュア、模型などを商品化。オタクビジネス業界のカリスマとして活躍している。
ガレージキット最大の祭典「ワンダーフェスティバル」の主催のほか、2011年夏には、高知県に「海洋堂ミュージアム四万十」、秋葉原に「海洋堂ワンフェスカフェ」をオープンさせた。