書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • 泣いて、笑って、母でよかった
  • ホーム
  • 子育て
  • 泣いて、笑って、母でよかった

泣いて、笑って、母でよかった

泣いて、笑って、母でよかった 泣いて、笑って、母でよかった
発行年月 2010年10月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 240ページ
ISBN 978-4-87290-505-2
内容紹介

理解力はあるのに、読み書きが困難!?
まさか、うちの子が……。
あちこたない!(「人生の苦難を楽しく乗り越えよう。あきらめなければ夢は叶う。」の意。越後中越地方の方言。)
それでも人生は、なんとかなるんだよ。

ひきこもり、自傷行為、強迫神経症……。
学習障害の読字障害(ディスレクシア)を抱えて生きる青年とその母が語る、生きにくさの理由を知るまでと、それと向きあった共闘の全記録。

目次

【目次】

まえがき――母と息子の「絆」の実録報告――

Chapter1 第一期(一九八四年十月二十六日~二〇〇一年十一月十八日)
  少年野球の切ない記憶
  笑顔の陰に潜む神経質な素顔
  がんばり屋の息子に対する母の悔い
  母の明彦への執着の原点
  息子の本音と真正面から立ち向かう
  「字が読みにくい」の予兆
  自己表現にこだわる息子に対して
  南雲明彦の人生訓
  思い出すと泣ける実父の後ろ姿
  実母の「あちこたない」の精神
  信子の本音
  神様からの贈り物
  亡き母への追憶
  幸せな実母の晩年

Chapter2 第二期(二〇〇一年十一月十九日~二〇〇二年十二月十二日)
  「あの日」のこと
  明彦とつながる決意
  息子の決断を支える真意
  暴走する明彦
  家庭内暴力の真実
  父と母の葛藤
  「今から死ぬ」の電話
  明彦の自殺未遂
  母と息子の格闘の日々
  母の焦りと現実
  バイト先に「実情」を公表
  明彦の「遺書」メール
  息子からの仰天メール
  独り生活への祈り

Chapter3 第三期(二〇〇二年十二月十三日~二〇〇七年七月)
  試行錯誤の繰り返し
  両親の葛藤
  暗中模索の日々
  子育てのむずかしさを痛感
  育児の反省は「気づくこと」
  子育てで学ぶこと
  独り生活の挫折
  息子の外泊
  息子の自傷行為で気づいたこと
  母の切ない気持ち
  見守る姿勢を貫く両親
  心を鬼にした親心

Chapter4 第四期(二〇〇六年七月~二〇一〇年七月三十一日現在)
  読字障害(ディスレクシア)とわかった日
  親の感慨
  心配の種が尽きない母心
  変化する明彦に
  実名公表を決めた理由
  みんなちがって、みんないい……。
  保育士として忘れられない経験
  息子を応援する親の本心
  家族の絆
  心が折れた息子に
  ある女性との邂逅
  息子を支える限界
  息子からの贈呈本
  何度も泣き、何度も笑った

[追記]

あとがき――母と息子の幸せについての考察――

著者紹介

小菅 宏(こすげ ひろし)

出版社(集英社)勤務で週刊誌と月刊誌の編集者を経て独立(1990年)。
主な著書に『僕は、字が読めない。』(集英社インターナショナル)『琵琶湖周航の歌 誕生の謎』(NHK出版)『八百字のありがとう、さようなら』(主婦と生活社)『姉・美空ひばりと私(共著)』『ジャニー喜多川の戦略と戦術』(共に講談社)『お葬式の真実』(スコラ社)『最新・格安海外旅行術』(はまの出版)『七勝七敗の力士が勝ち越す理由』『マンション耐震不安解消ガイド』(共に竹書房)『不滅のアイドル国王』(ブックマン社)『美空ひばりの遺言』(KKベストセラーズ)他。
近年は歴史アナリストとして戦国・江戸・幕末に関する著作も多く、『古資料が明かす本当の直江兼続』(実業之日本社)『「江戸」な生き方』『江戸発禁本 壇の浦合戦記』『江戸発禁本 色里三所世帯』(以上徳間文庫)『花のお江戸の色模様』『吉原遊郭 花魁の秘密』『大奥 色とミステリー』(以上綜合図書)『江戸の家計簿』『大江戸風俗艶学事始』『大江戸吉原御開帳』(以上ぶんか社)『龍馬の「愛嬌力」~心をつかむ手紙~』(徳間文庫)等。
最近著は『タクシー運転手にきいた コワ~い東京の話』(宝島SUGI文庫)。
現在は全国を講演活動でも回り、本著は四十七冊目の上梓となる。