書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 健康
  • ポテチを異常に食べる人たち
  • ホーム
  • 暮らし
  • ポテチを異常に食べる人たち
  • ホーム
  • 料理
  • ポテチを異常に食べる人たち

ポテチを異常に食べる人たち

ポテチを異常に食べる人たち ポテチを異常に食べる人たち
発行年月 2010年5月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-87290-473-4
内容紹介

ドラッグ・アルコール・ニコチンに次ぐ第4の依存は「スナック菓子」!!

目次

はじめに


1 「真夜中に〝飲むように〟食べたい」
 やめたいけどやめられない!
 脳から“何か”が出てくる恍惚感
 ツラいのは、食べる前より食べたあと
 夜の生活とポテチはどっちが幸せ?
 “ポテチ異常”は特異なケースではなかった
 体が異変を起こしても止まらない欲望
 子どもが寝静まったあとに〝発病〟
 実はハマっている人が多い「あまから」
 「食事より、ポテチを重視します」
 自覚ゼロでも実態は“依存”
 ポテチ依存はこれから増える!

2  おいしいというより気持ちいい!
 食欲を暴走させる物質が入っている?
 本能が求めている“うまみカルテット”
 自然のおいしさは食べ過ぎない
 脂肪量は“大トロ”級
 一〇〇%という恐ろしさ
 調味料が安価になって訪れた“食欲の四季”
 沖縄のシニアはファストフードが好き?
 味覚破壊は病気への入り口
 コンビニおにぎりに見る味覚破壊
 今の五〇代が「なじみのうすい」最後の世代
 スナック菓子の味の変遷
 食べ物は噛まないと味がしなかった
 噛まずにおいしいという不自然さ

3  「毒」ほどストレスを癒やしてくれる
 スナック菓子も“必要悪”だったNさん
 人は「健康」だけでは生きられない
 帯津名誉院長に学んだ「心」の栄養学
 「ドラッグ」の三層構造
 かつて、「ドラッグ」は薬だった!
 「ドラッグ」を取りあげることはできない
 ポテチはもっとも安価な「ドラッグ」
 タバコで癒やされる人もいる
 快楽を感じる脳の仕組み
 快楽の対象は人それぞれ
 現代社会はストレス社会
 健康を唱える人にも不健康な一面がある
 迷惑な「健康」の押し売り
 健康食を食べれば健康になれる?
 高まる閉塞感、減少する快楽
 スナック菓子という「ドラッグ」の注意点
 現代の働き方にも問題がある

4  やめられないのにスリムだから怖い
 婦人科系疾患は食事の影響が大
 女性は健康志向が高いから心配
 “頭”で食べる女性・“胃袋”で食べる男性
 ちりも積もれば“高脂肪”の女性たち
 情報戦略にハマりやすいのは?
 パン食は高脂肪の引き金
 おしゃべりの場に必要な「ドラッグ」
 乳がんとコレステロール
 エストロゲン過剰を招く社会
 女性が大好きな乳製品は要注意
 やめられない原因は「性の貧困」
 「まるで、お菓子が恋人」
 「おいしい」? それとも「幸せ」?

5  「ポテチ依存症」にならないためには?
  “異常”の見極めは「負のスパイラル」
 きちんと食べることが生命線
 「食事はつながっている」と意識する
  夜型生活の“小腹満たし”に注意
 「夕飯」を食べる方法を考えよう
  企業の戦略に巻き込まれるな!
 「意志が弱い」「だらしがない」のが原因ではない
 依存症の中ではまだ“マシ”
 ポテチを「精神安定剤」にしていたNさん
 人とのつながりは“特効薬”になる
  依存症と共存するという生き方

6  子どもの健康と味覚が危ない!
 たいした「ドラッグ」じゃないから怖い!
 生まれてすぐにお菓子まみれ
 まともな人ほど生きづらい“異常社会”
 スナック菓子は一番人気!
 おじさんの病気が子どもの病気に
 右手にポテチ、左手に清涼飲料水
 清涼飲料水はなぜ怖いのか
 ダイエットのつもりでポテチ?
 『スーパーサイズ・ミー』は実際に起こる
 一番怖いのはやっぱり味覚破壊
 日本にはまだ“ごはん”という希望がある!
 小児科医の闘いが始まる

おわりに

著者紹介

幕内 秀夫(まくうち ひでお)

管理栄養士

管理栄養士。
東京農業大学栄養学科卒業。
フーズ&ヘルス研究所主宰。
その土地ならではの食文化を生み出した風土・文化・歴史などを調査し「FOODは風土」を実感、提唱。帯津三敬病院において食事相談をおこなうほか、全国各地の社員食堂や学校給食の改善活動にも奔走中。
近著に『夜中にチョコレートを食べる女性たち』(講談社)、『変な給食』(ブックマン社)、『子どもが野菜嫌いで何が悪い!』(バジリコ)、『なぜ、子どもはピーマンが嫌いなのか?』(西日本新聞社)などがある。