書籍詳細 書籍詳細

住宅革命

住宅革命 住宅革命

弊社在庫ございません

発行年月 2010年9月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 168ページ
ISBN 978-4-87290-441-3
内容紹介

家を建てた人の多くは後悔している
なぜ、日本の住宅は世界でもっとも高いのか?
なぜ、日本の住宅は世界でもっとも寿命が短いのか?

目次

目次
はじめに
第1章・・・家選び革命
第2章・・・遺す家革命
第3章・・・土地と資金革命
第4章・・・コスト革命
第5章・・・商品住宅革命
第6章・・・工務店革命
おわりに

著者紹介

眞木 健一(まき けんいち)

カーサプロジェクト代表取締役

カーサプロジェクト代表取締役・マキハウス代表取締役
1967年、福岡市出身。アメリカ留学後、都内で不動産業に従事したのち、世界中をまわり、住宅建築、デザインを学ぶ。マキハウス社長に就任後は「遺す家、遺る家」の経営理念のもと、工務店では異例のショールームのみでの注文住宅を展開。2010年、「日本の家づくりを変える」をテーマにカーサプロジェクトを設立。また、「窓のない家」で評判になったcasa cube、「エネルギーを使わず生み出す次世代型住宅」casa soleの商品住宅開発を手がけるなど、その活動は“住宅業界の革命児”として常に注目を集める。現在、日本全国で200社を超える工務店がカーサプロジェクトネットワークに参加している。
著書に『家づくりの本』(書肆侃侃房)がある。