書籍詳細 書籍詳細

世界一の庭師の仕事術

世界一の庭師の仕事術 世界一の庭師の仕事術

弊社在庫ございません

発行年月 2009年3月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 196ページ
ISBN 978-4-87290-396-6
内容紹介

1本の花から伝説をつくった男。
史上初!国際ガーデンニングショー「チェルシー・フラワーショー」において
3年連続ゴールドメダルの偉業達成!

目次

【目次】

はじめに

第1章 はじまりは無許可の路上販売 
  二坪花屋の押しかけ社員になる 
  二五歳の独立失敗 
  よろずごと相談、承ります
  すべては結婚のために
  念願の独立
  路上卒業。一畳花屋の開店
  花で伝説をつくる
  人が買わないものを安く売る
  五坪の花屋が、面積あたり売り上げ日本一に
  次なる目標を探し続ける旅

第2章 目標を見失った長いトンネルのなかで
  親父の死
  人生最大の有頂天。そしてピンチに
  八億円の借金を背負って
  借金こそが、宝物
  失敗からつかむもの

第3章 借金を背負って、世界一を目指す
  世界を見た衝撃
  チェルシーの質問用紙 
  世界一? 住宅ローンも残っとるとよ
  チェルシー初挑戦の現場 
  二度目の挑戦
  どたばたチームだって悪くない 
  人生に、無駄なことなどひとつもない 
  イギリス人を泣かせたい
  四五歳からの挑戦の末に、見えたもの 

第4章 たどり着いた場所。そしてこれから 
  風景があるから、人は集まる 
  人を幸せにする庭 
  会社を大きくしたいとは思わない
  花と緑が世界を救う 

第5章 ぼくは仕事からすべてを学んだ 
  夢を語れば、実現する 
  突き抜けるには 
  「できない」と言った瞬間に、すべては終わり 
  自分からノックする、会いたい人に会う 
  いいと聞いたら、とにかく見に行く 
  みんなの驚く顔が発想の源 
  まずは自分がわくわくできるか 
  日常の生活のなかにこそ、大切なことはある
  ギリギリまで悩んで、ベストを尽くす 
  目標があれば、すべてが学びになる 
  勝ちパターンを知ると、人は変わる 
  オンリーワンを持っているか 
  世の中にやる気のないときほど、チャンスあり 
  フリーターも、夢をもて 
  プラス発想の練習を 
  人の悪口は言わない 
  社員一人一人の個性を生かす 
  チームづくりとモチベーション 
  リーダーがヌケているほうが、チームは伸びる 
  やらせてみる 
  伝説をつくれ

おわりに

著者紹介

石原 和幸(いしはら かずゆき)

1958年長崎市生まれ。
ランドスケープアーティスト。
大学卒業後、いけばなの本流である「池坊」に入門。花と緑に魅了され、路上販売から花屋をスタート。長崎の思案橋の5坪の花屋が面積あたり日本一の売上を達成。35歳で庭づくりを始める。
2004年、ガーデニングの本場・英国の「チェルシーフラワーショー」に初出展、シルバーギルトを受賞。2006年~2008年には、史上初となる異部門での3年連続ゴールドメダルの快挙を達成。2008年シンガポールで行われた世界のトップガーデナーを集めた大会でも優勝。2010年5月、チェルシーフラワーショー・ショーガーデン部門に初出展、シルバーメダルを受賞。10月には、長崎のハウステンボスを会場に「ガーデニングワールドカップ2010ナガサキ」を総合プロデュース。コケを使った庭で独自の世界観を確立し、「モスマン」(コケ男)の愛称で親しまれる。
現在では、緑の力で世界に貢献すべく多方面で活躍中。著書に、花と緑にかけた半生を描き話題となった『世界一の庭師の仕事術』(WAVE出版)がある。