書籍詳細 書籍詳細

新装版 魔法の声

新装版 魔法の声 新装版 魔法の声
発行年月 2006年11月刊行
価格 定価 本体 1,900+税
判型 A5判
装丁 上製
ページ数 637ページ
ISBN 978-4-87290-282-2
内容紹介

少女メギーの父モーは、物語の登場人物をこの世へ呼び出す魔法の声を持っていた。9年前、その声に呼びだされてしまった登場人物と引き替えに、母親が物語の世界に消えてしまったのだ。物語から飛び出た悪者に、父と叔母とともに連れ去られたメギーは、悪と立ち向かうはめに。名作冒険小説がたくさん出てくる「物語」をめぐる冒険ファンタジー。

目次

魔法の声/もくじ

第一章 夜の訪問者
第二章 秘密
第三章 南へ
第四章 本に埋もれた家
第五章 唯一の挿し絵
第六章 火と星
第七章 夜が隠すもの
第八章 孤独
第九章 悪しき交換
第十章 獅子の洞窟
第十一章 臆病者
第十二章 さらに南へ
第十三章 カプリコーンの村
第十四章 任務の完了
第十五章 幸と不幸
第十六章 あの頃
第十七章 裏切られた裏切り者
第十八章 魔法舌
第十九章 暗い見通し
第二十章 ヘビと茂み
第二十一章 バスタ
第二十二章 海辺の街での安堵
第二十三章 言葉の満ちた夜
第二十四章 フェノグリオ
第二十五章 まちがった物語
第二十六章 寒気と予感
第二十七章 モルティマのアイデア
第二十八章 屋敷で
第二十九章 静かな村
第三十章 おしゃべりピッポ
第三十一章 草に埋もれた丘
第三十二章 再び村へ
第三十三章 カプリコーンの下女
第三十四章 カプリコーンの秘密
第三十五章 それぞれの目的
第三十六章 カプリコーンの家
第三十七章 軽率
第三十八章 かすかな声
第三十九章 裏切り者への罰
第四十章 夜の黒馬
第四十一章 ファリッド
第四十二章 窓枠の中の毛皮
第四十三章 暗い場所
第四十四章 ファリッドの報告
第四十五章 バスタへの嘘
第四十六章 真夜中の目覚め
第四十七章 孤独
第四十八章 カササギ
第四十九章 バスタの誇りとホコリ指の策略
第五十章 エリノアの不運
第五十一章 危機一髪
第五十二章 かよわきもの
第五十三章 正しい結末
第五十四章 炎
第五十五章 裏切りとおしゃべりと愚かさ
第五十六章 影
第五十七章 見捨てられた村
第五十八章 里心
第五十九章 家へ

著者紹介

コルネーリア フンケ(コルネーリア フンケ)

1958 年ドイツの西部、ヴェストファーレン州の町ドルステンに生まれる。
ハンブルク大学で教育学を修め、卒業後、教育者としての仕事のかたわら、専門大学で本のイラストレーションを学ぶ。当初は子どもの本のイラストレーターとして出発。28 歳の時からは自分で文章も書くようになり、以後フリーのイラストレーター、作家として活躍している。
ドイツでもっとも著名な児童文学作家の一人であり、ウィーン児童文学賞、チューリヒ児童文学賞などこれまでに数多くの児童文学賞を受賞している。
著書に『どろぼうの神さま』『竜の騎士』『魔法の声』『魔法の文字』『魔法の言葉』『鏡の世界』(小社刊)などがある。

浅見 昇吾(あさみ しょうご)

慶應義塾大学文学研究科博士課程修了。
ベルリン・フンボルト大学留学を経て、現在上智大学外国語学部教授。
外国人が取得できる最高のドイツ語の資格・大ディプローム(GDS)を持つ数少ない一人。
『この星でいちばん美しい愛の物語』(花風社)、『クジラの消えた日』(青山出版社)、『魔法の声』シリーズ(小社刊)など訳書多数。