書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • 39.9歳お気楽シングル終焉記

39.9歳お気楽シングル終焉記

39.9歳お気楽シングル終焉記 39.9歳お気楽シングル終焉記

弊社在庫ございません

発行年月 2006年9月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 238ページ
ISBN 978-4-87290-275-4
内容紹介

仕事もプライベートもそれなりに悩みはあるものの、ある意味お気楽シングルだったライターが、40歳を約1カ月後に控えたある日、突然母を失った。どうしようもない悲しみのなかで、次々とやってくる混乱。「自分は大丈夫」という根拠のない自信を武器に、常に時代とともに生きてきたHanako世代。39.9歳にして初めて社会の現実を思い知った、シングル女性の真実がここに。

目次

目次

39.9歳お気楽シングルの現実
突然の母の死
我が家の崩壊
私がHanakoだった頃
小生意気な女
ふつうの生活に戻りたい
介護保険の現実
祖母がぼけるかも!?
女の賞味期限
結婚か、仕事か
「ひとり」ということ
こわれる私
子どもを産まないのは罪?
長い夜が明ける時
長い夜が明けた後

著者紹介

田中 亜紀子(たなか あきこ)

1963年、神奈川県鎌倉市生まれ。
日本女子大学文学部国文学科卒業。
OLを経て、ライターに。自身と同世代である男女雇用機会均等法第1世代(元祖アラフォー)に関するテーマを中心に、みずからの体験を描く体験ルポ、転職や独立など「お仕事もの」や、中国茶など健康関係のジャンルについて、女性誌・総合誌などで執筆。芸能・文化人のロングインタビューなども多く手がける。
著書に『39.9歳お気楽シングル終焉記』(WAVE出版)がある。