書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 恋愛
  • 不倫の恋の決断

不倫の恋の決断

不倫の恋の決断 不倫の恋の決断

弊社在庫ございません

発行年月 2005年3月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 207ページ
ISBN 978-4-87290-216-7
内容紹介

それでも人は人を好きになる
あまりにもせつない彼らの後悔

目次

目次

プロローグ

第一章 男たちが決断するとき

◆恋愛を続けていく
〇心が深く通い合う関係へ

◆恋人と別れる
〇女が不倫に耐えられなくなるとき

◆離婚を決意
〇虚しい日々の中で女性と知り合って
〇再婚をためらう気持ち

第二章 恋人と別れる決断
◆結婚十年目で子どもに恵まれて
〇賽を投げたのは彼女から
◯告白しようとしたその晩に
◯妻は気づいていたのでは?
〇男の悲痛なうめき

◆好きな女性を不幸にし続けた十二年
〇ようやく関係をもった晩
〇恋が再燃する瞬間
◯家庭と恋人との間で揺れる心
〇彼女が壊れていく……
◯自分だけ落ち着いた生活に戻って

◆親の介護のためできなかった離婚
〇生活の変化と、彼女の存在の大きさ
◯ある決意
〇離婚を切り出そうとしたときに
◯もう走り出すことはできない

第三章 不倫を続けていく決断

◆責任と愛情と寂しさと
◯運命的な出会い
◯ワンルームマンションでの逢瀬
◯他の女性を求めて
◯彼女が戻ってきた日

◆離婚できない事情
◯妻と恋人、それぞれに子どもが
〇転機に継ぐ転機が
〇先を考えずに突っ走ってしまう
〇子どもに父だと名乗れない

第四章  離婚の決断

◆再婚はしたものの……
〇恋を進めるかどうかの葛藤
◯妻にも彼女にも不誠実だから
〇経済的な問題がつきまとう再婚

◆離婚、そして元妻の死
〇元妻の病気、そして死
◯十年に及ぶ介護生活
〇現在のパートナーと結ばれて

第五章 家庭も恋も失った男たち

◆どうしても離婚したくてとった方法
〇普通の女性に出会って恋して
〇イチかバチかの計画
◯ひきとめたいのに体が動かない
〇お遍路となって

◆妻子を捨てて今、思うこと
〇妻に支えられた会社員時代
〇気っ風のいい年上女性に惚れた瞬間
〇再び女将の元へ戻るしかない
〇五十歳を目前にしての虚脱感

◆定年後に妻に捨てられて
〇どうしても別れられない相手
〇孤独なひとり暮らしの日々

エピローグ

著者紹介

亀山 早苗(かめやま さなえ)

1960年東京生まれ。
明治大学文学部卒。フリーライター。
女性誌等で活躍中。女性の生き方を中心に、恋愛、結婚、性の問題に取り組み、かつ社会状況を的確に分析する筆力に定評がある。
著書に『オンナを降りない女たちオトコを降りる男たち』(新潮社刊)『ドラマノベライズ幸せの時間〈上下〉』(双葉社)