書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 社会
  • いばりんぼうの研究と対策
  • ホーム
  • 人文
  • いばりんぼうの研究と対策

いばりんぼうの研究と対策

いばりんぼうの研究と対策 いばりんぼうの研究と対策
発行年月 2003年2月刊行
価格 定価 本体 1,300+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 221ページ
ISBN 978-4-87290-147-4
内容紹介

どうしていばるのか!?
いばる人のかわいそうなヒミツを教えます。

増殖中のいばりんぼうから、自分の身を守ろう!

目次

もくじ


PART1 「いばりんぼう」の大法則

おかしくも腹立たしい「いばりんぼう」たちの実態 /「いばりんぼう」は理不尽、自己中心的/
あらゆる場所に棲息している/いばり方の特徴は?/キーワードその一は「劣等感」/
劣等感が強いからこそ、隠れ蓑をほしがる/絶対に自分の非を認めな/ 
どうしてそんなに自信過剰なの!?/「オレ様」思想はどこからくるのか?/
「自己顕示性格」とはどんな性格か /劣等感と自己顕示に支配された人たち/


PART2
「オレは○○なんだ、偉いんだ!」
権威主義型のいばりんぼう

どこにでもいる? 肩書き命の「いばりんぼう」/大企業、有名企業に特有の「いばりんぼう」さん
マスコミ業界には「いばりんぼう」がウヨウヨしている?/このタイプは相手構わず一生いばり続ける 

「権威主義型いばりんぼう」を分析する/「権威主義型いばりんぼう」の習性/
読み解く鍵は「権威主義的性格」にあり/「権威」と「自己」を同一化 

「権威主義的いばりんぼう」にはどう対処する?/触らぬ神に……が賢い接し方/
お付き合いのコツは、ホメ殺し!? 


PART3
「オレはオマエらより上なんだ!」
勘違い階層主義型のいばりんぼう

弱い相手にイバリ倒す姑息な「いばりんぼう」/自分勝手なカースト制度をつくる人たち 
はったり、ストレス発散? その実態は?/
“お客サマは神様”を放棄したくなる「いばりんぼう」軍団 

「勘違い階層主義」者を大解剖/裏にあるのは劣等感/
自分を優位に置くテクニック「受身的攻撃性」/
超変化球型は謙遜しながらいばりまくる/階層主義は本人なりの自己防衛 

「勘違い階層主義型」いばりんぼうとの付き合い方/じつは反撃に弱い!?/
このタイプに逆襲できる三つの方法 


PART4 
「やりたいようにやって、どこが悪い!?」
不機嫌自己チュ-型のいばりんぼう

わがまま放題でお天気屋、あくまで自分中心な人たち/本人はいばっているわけじゃないのだが……
空気を読まず自己チュ-ぶりを発揮する女王様たち/感情コントロールのできない迷惑千万な人たち 

自分に甘く他人に厳しい「不機嫌自己チュ-」大研究/このタイプを読み解くキーワード「自己愛」
タイプ分析のマスターキーとなる「自己愛性人格障害」/わがままタイプは自己顕示が強い/
不機嫌タイプは社会性が未熟

「不機嫌自己チュ-型」はどう料理する?/上の立場の人からの「ガツンと一発」が効果あり/
叱られない立場なら近寄らない、触らない 


PART5
「オレの言うことを聞け!」
自意識過剰型のいばりんぼう

「オレのいうことを聞け!」、独裁好きなメーワク者たち/
根拠のない自信、ゆるぎない信念がなんともハタ迷惑/
「自分は正しい」と譲らないガンコな仕切りたがり屋 

イバルのは「オレはここにいる!」という心の叫び!?/
自意識が強いから自分の存在を強硬にアピール/「同調性性格」の悪い面が発揮されている人/
特別扱いは「自己顕示性性格」の望み/怒りっぽい、ガンコが特徴の悪玉「粘着性」

自意識過剰型タイプとのお付き合い法/演出でいいから「存在を認めてあげる」こと/
ポイントは相手を否定しないこと 


PART6
「みんなでいばればコワクない」
集団主義型のいばりんぼう

「個人」の立場ではいばれない、意気地なしの「いばりんぼう」/
キーワードは二つ、「集団」と「匿名性」/日本には「集団主義型いばりんぼう」がたくさんいる!?
街中で見かける困った「いばりんぼう」たち 

ナゼそうなる? このタイプの解説と対策/「集団」というものの特性がそうさせる/
傍若無人は「感謝」と「恥」の心の欠如/鈍感でいることが自己防衛の秘策 

PART7
「イバリ攻撃」をサラリとかわす知恵&テクニック

モタ流、VS「いばりんぼう」の極意/「いばりんぼう」はなおらないと思うべし/
「いばりんぼう」とは真正面から闘わない/「ヤマアラシ・コンプレックス」に学ぶ/
いばられる側は常に「名優」たれ 

「イバリ攻撃」にノックアウトされないための知恵/いばらない人になることを期待しない/
「いばりんぼう」は「哀れな人」と思うべし/「いばりんぼう」はおだてておくに限る 


「イバラレ」ストレスをためないテクニック/同士とグチる、誰かに話す/
“STRESS”でストレス発散/究極の特効薬で心をスッキリ

著者紹介

斎藤 茂太(サイトウ シゲタ)

1916年、東京・青山に歌人・斎藤茂吉の長男として生まれる。
医学博士。精神科医。家族・夫婦・子育て・心の病・ストレスを長年扱う。
ユーモラスであたたかい語り口のエッセイで、老若男女問わず幅広い層の支持を集めている。
2006 年11 月逝去。
『モタさんの「いい人生」をつくるコツ』(こう書房刊)、『笑うとなぜいいか?』(新講社刊)、『モタさんの心がフワリと軽くなるちょっといい言葉』(PHP 刊)など、著書多数。