書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 社会
  • 二〇年目の返済

二〇年目の返済

二〇年目の返済 二〇年目の返済

弊社在庫ございません

発行年月 2000年11月刊行
価格 定価 本体 1,700+税
判型 A5判
装丁 並製
ページ数 239ページ
ISBN 978-4-87290-089-7
目次

はじめに

第1章 20年目の返済
・20年目の返済
・「老い」とは
・昭和のこどもたち
・見知らぬ相続人
・恋の恨み
・女性法曹
・熟年離婚
・祝婚歌
・名前を変える
・かちわり
・女の名前
・子育て
・男は弱虫?
・ミツグ君
・箱根大学駅伝
・3枚の年賀状
・仲直り
・チャームポイント
・娘の卒業式
・相続分がほしい
・花の遺言書
・嘘をつく
・ババ抜き
・離婚の条件
・レイプ
・夫への手紙
・父性愛
・江戸のしぐさ
・女子駅伝
・父権
・民話の朗読
・言葉が怖い
・祝い貧乏
・ワープロ
・かきくけこ精神
・女子社員研修
・ドロボウ
・夫の暴力
・お金を残す
・家事時間
・妻の執念
・年齢は見た目がいい
・コミュニケーション
・聴くこと
・地雷ではなく花を
・ボランティア
・遺言を残す
・五輪賛歌
・希望を生む
・養育費
・女たちの世紀
・兎と亀
・結婚詐欺
・家庭としつけ
・ドーマン法
・不況と自殺
・禁句
・セクハラ起訴
・活字が大きくなる
・集合写真
・気持ちぶす
・プリクラ
・言葉が言刃に
・老い支度
・サポーター
・ほぐす
・無理な買い物
・美人になる
・不適切な関係
・借金地獄
・名刺
・ある危篤時遺言
・しのの遺言

第2章 季節ごとの贈り物
・季節ごとの贈り物
・老木の死
・二度目の結婚指輪
・中坊さん
・絵本
・講演は苦手
・結婚式
・在旅得知音
・挫折する
・渡り鳥
・偲ぶ会
・シベリア抑留
・おさがり
・女のグループ
・国立阿蘇青年の家
・キタキツネ
・十三回忌
・主われを愛す
・「皆川千恵子展」
・隅田川
・年忘れ会
・手作りの贈り物
・ひざ痛
・南風忌
・三角おにぎり
・眼科病棟
・コーラス
・片づけ下手
・結婚披露宴
・開運占い
・ほうとう
・お見舞い
・休日の散歩
・S夫人の話
・素敵な米国人
・お金を貸す
・マジック
・奈良を歩く
・友禅染体験
・童謡記念館
・赤坂の桜
・叱られる
・祭り
・誕生祝い
・うんどうかい
・楽しいこと
・老いふかむ
・山里の湯
・おしどり
・蒼天
・大樹
・元赤線の宿
・国際養子縁組

第3章 舞と私
・舞と私
・邯鄲の枕
・実盛物語
・定家葛
・「乱」を舞う
・「鎌腹」の女
・末広がり
・「黒塚」の女
・真を写す
・素謡
・悪太郎
・老木の花
・時分の花
・能面
・狂言「因幡堂」
・初心忘るべからず
・住吉神社能楽殿
・八面玲嚨
・恋慕のあまり
・猩々
・宗家継承
・継続は力
・清和文楽館
・釣狐
・舞二人
・「清経」を謡う
・仕舞を舞う
・草紙洗
・日想観
・居留守

第4章 惜別の歌
・惜別の歌
・フクロウ
・昆布ちりめん
・手漉き和紙
・権助提灯
・子供に会いたい
・踊りませんか
・映画館でデート
・映画館で見たい
・米・卵・茶
・寅さんは金メダル
・自然農法
・不義密通
・ミルドレッド
・一冊の本
・ガラスの器
・トム・クルーズ
・ミステリー「椅子が怖い」
・シバ浜の革財布
・ふみの日
・あなたも詩人
・文学トーク
・トミーの夕陽
・ふりむけば九十年
・徳川慶喜
・女と男の日本史
・博多座
・少女ポリアンナ
・ほんとうの名前
・東京友禅

あとがき

著者紹介

湯川 久子(ゆかわ ひさこ)

中央大学法学部卒。1957年九州初の女性弁護士として福岡市に開業。
1958年より2000年まで福岡家庭裁判所調停委員。宝生流教授嘱託。『季刊午前』同人。

著書 『私は主婦弁護士』(西図協出版)、『離婚読本』(ケイブンシャ文庫)、『法の花ごころ―弁護士の眼』(石風社)、『年々去来の花―弁護士の手帖』(石風社)