書籍詳細 書籍詳細

借りてはいけない

借りてはいけない 借りてはいけない

弊社在庫ございません

発行年月 2000年1月刊行
価格 定価 本体 1,200+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 191ページ
ISBN 978-4-87290-071-2
目次

はじめに

プロローグ――宮本 孝

第一章 死んだのは借り手だけではない――宮本 孝

・現役社員の自殺
・社員に対する冷血漢ぶり
・大島社長のスピーチの欺瞞
・苦悩する社員たち
・無理がまかり通る環境

第二章 貸金業界の覇者を目指した男――中島みなみ

・大島健伸を育てた父の商売欲
・去りゆくビジネスパートナー
・弱者のマーケット
・日栄・松田社長との師弟関係
・「より激しい貸金態勢」

第三章 大島に教えたもう一人の人物――中島みなみ

・“サラ金地獄の”の荒波を乗り越えて
・“毎年増収増益”の虚偽
・大島に教えたもう一人の人物
・「根保証」の発案者
・自己資本と他人資本

第四章 主幹事の交代――中島みなみ

・業界で二番目の株式公開企業
・バブル崩壊後の救世主となるか
・突然の日興証券降板
・株価に踊らされる企業理念
・譲渡される顧客リスト
・債権が新たな資金を生む仕組み
・商工ファンドとシティバンクの関係

第五章 会社を私物化する守銭奴――宮本 孝

・大島社長を“守銭奴”と断ずる理由
・国税局もあきれた経費の私物化
・謝罪文を提出しても変わらぬ体質

第六章 だれも知らない振込口座――中島みなみ

・法令遵守は本当か?
・正体不明の“念書”
・貸倒処理はされていた
・何のための口座なのか

第七章 中小企業のことをだれが考えるのか――宮本 孝

・日栄、商工ファンドがもしも破綻したら
・商工ローンはなぜ急成長したのか
・金利と根保証はこうしなければダメ
・銀行を主役にした金融再生はあり得ない
・グローバルスタンダードに基づく不良債権は防げる

エピローグ――宮本 孝

あとがき

商工ローン被害者救済に積極的に取り組む弁護士の方々

著者紹介

宮本 孝(みやもと たかし)

1946年、福岡県生まれ。
九州大学法学部卒業。
大手都市銀行に22年勤務した後、大手ノンバンクの役員を経て、現在、東京都港区で経営コンサルト会社(株)日本ビジネスクラブを経営。顧問先各社の財務の改善指導には定評がある。
経営者団体の政策委員も務め金融問題の論客として知られている。

中島 みなみ(なかじま みなみ)

1963年愛知県生まれ。テレビニュース制作から活字メディアへ。
新聞記者から雑誌記者となる。『週刊テーミス』を経て、『週刊ポスト』、月刊『文藝春秋』特派記者。