書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • ビジネス
  • ニュースに出る経済数字の本当の読み方
  • 電子版あり

ニュースに出る経済数字の本当の読み方

電子版あり
ニュースに出る経済数字の本当の読み方 ニュースに出る経済数字の本当の読み方
発行年月 2019年5月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 A5判
装丁 並製
ページ数 176ページ
ISBN 978-4-86621-217-3
オンライン書店で購入

※電子書店はKindleでご購入いただけます。

内容紹介

日本の本当の実力が見える‼
経済数字がわかると世の中の見方が劇的に変わる

●本書の効能
マネーをめぐる損得・得失が定量的に理解できる。
巨額な実感を伴わない経済数字が手に取るようにわかる。
社会がリアルに見えてくる。
物事の量、質、変化を具体的に数字で表現できるようになる。
ビジネス社会で必須の説得力が格段に上がる。
学校教育者は「数的思考はこんなに役立つ!教育に取り入れよう」と考え始める。
数は世界認識のための道具だという知見が実感できる。

目次

第1章 金融・経済のプロが使っている計算・数字の見方の大法則
①過去からの変化を見る。
②割、%は大本の2つの数をチェックするのが鉄則。
③分割する(構成要素に分ける)。「内訳は?」と発想する。
④金額、価格はインフレ率で実質化する。ベンチマークからみる。
⑤それは何かの1部ではないか? 全体に対するシェアが重要な数字(医療費/GDP)。
⑥一人当たりに換算する。
⑦単位を変換する(時間)、兆、億、万、1の単位繰りが速算できれば見えてくるもの。
⑧日本のデータは世界各国と比較する。
⑨単位を揃える 円とドル 日経平均株価とNYダウをドルベースで見たほうが連動している。
⑩47の座標軸(キーナンバー)を頭に設定。世界人口75億人、GDP75兆ドル、日本GDP500兆円、人口1.25億、米GDPは日本*3.5倍、日経平均最高は3,8915円。時価総額600兆円。
⑪「仮に」と言う考えを持ち込む。概数計算、大まかな仮定数を置いて⇒微調整するという方法。
⑫数⇒図のイメージに変換する。

第2章 金融・経済のプロが使っている47の数字(座標軸・キーナンバー)
世界人口75億人、GDP75兆ドル、日本GDP500兆円、人口1.25億、米GDPは日本*3.5倍、日経平均最高は3,8915円。時価総額600兆円。……etc.

第3章 数字とのつきあい方の基本レッスン

第4章 数字力をアップさせる連想法

著者紹介

角川 総一(かどかわ そういち)

昭和24年、大阪生まれ。昭和49年3月、京都大学文学部中退。(株)金融データシステム代表取締役。
80冊以上の本を書き、10誌以上の雑誌で経済・金融・マネー記事を連載し続けてきた。また、主に銀行員を対象に年間平均50以上のセミナーを20年以上にわたって経験。初級の金融・経済、マーケット、マネー関連の分野が中心。
理屈の前にまずデータありき、というスタンスを続けてきた。このためデータを調べ上げそれをグラフ化して具体的なエビデンスを示すという仕事のスタイルが定番となっている。