書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • ビジネス
  • 臆病な金融ド素人がお金を増やそうと思ったら
  • 電子版あり

臆病な金融ド素人がお金を増やそうと思ったら

電子版あり
臆病な金融ド素人がお金を増やそうと思ったら 臆病な金融ド素人がお金を増やそうと思ったら
発行年月 2017年12月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 192ページ
ISBN 978-4-86621-091-9
オンライン書店で購入

※電子書店はKindleでご購入いただけます。

内容紹介

株式投資だけで年利6%は難しくない! 金融ド素人に告ぐ!金(きん)と外国債には
近づくな! 絶対だぞ。「損しない人生」に41の答え

銀行に預けていても増えません。 毎年30年間100万円ずつ日本株に投資で9,000万円になる?! 目からウロコの金融ビギナーBOOK

銀行に預けっぱなしではダメ!
お金のことで
損したくないなら
この本を読みなさい
今さら聞けないあんなこと、こんなこと41

加谷珪一オフィシャルサイト
http://k-kaya.com/

目次

はじめに 

第1章 どうして投資が必要なの?

銀行預金だけでは危険なの? 
インフレってそもそも何? 
最近、お菓子の内容量が減っているのはなぜ? 
インフレになると貯金が減るの? 
インフレになったときはどうすればよいの? 
日本の年金が危ないというのはホント? 
なぜ若いうちから投資経験が必要なの? 
投資って危険じゃないの? 

第2章 資産運用にはどんな種類があるの?

最初に取り組むのは何がよいの?
株式はなぜ投資の基本なの?
投資信託はラクでいいんじゃないの?
債券は安全じゃないの?
高利回りの外国債はなぜそれほど儲からないの?
不動産投資は取り組むべき?
金は安全資産じゃないの?
FXは簡単じゃないの?

第3章 株式投資のイロハ 

株式投資はどのくらい儲かるの?
短期投資はやめたほうがよいの?
業績のよい会社に投資すれば儲かるの?
好きな会社に投資してみるのはダメ?
身近な会社に投資するのはよいこと?
伸びる会社に投資するにはどうすればよいの?
自分が勤務する会社の株を買うのはアリ?

第4章 マイホームはどう考えたらいいの?

賃貸と持ち家、結局、どっちがいいの?
マイホームに夢を託するのは悪いこと?
マイホーム投資の損得はどう考えればよいの?
いつでも売れることはなぜ重要なの?
銀行を儲けさせるために家を買うの?
新築と中古はどっちがいいの?
不動産価格は今後どうなるの?

第5章 保険はどうしたらいいの?

そもそも保険はなぜ加入するの?
人はどのくらいの確率で死ぬの?
医療保険は本当に必要なの?
貯金額はいくらが妥当なの?

第6章 具体的にはどのような投資がいいの?

インフレのリスクに備えるにはコツコツ投資を
まずは100万円を貯金し、その後は投資を継続
優良企業の株に投資してみる
初心者だからこそ外国株を買おう
株は下がったほうがよいと考える
インデックス商品を活用する
NISAを活用して税金をセーブ

おわりに

著者紹介

加谷 珪一(かや けいいち)

経済評論家

東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。
野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は、経済、金融、ビジネス、ITなど多方面の分野で執筆活動を行っており、ニューズウィーク(Web)、現代ビジネスなど多くの媒体で連載を持つ。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
著書に『ポスト・アベノミクス時代の新しいお金の増やし方』(ビジネス社刊)、『「教養」として身につけておきたい戦争と経済の本質』(総合法令出版刊)、『お金持ちの教科書』(CCCメディアハウス刊)、『お金は「歴史」で儲けなさい』(朝日新聞出版刊)、『株で勝ち続ける人の常識 負ける人の常識』(KADOKAWA刊)、『感じる経済学 コンビニでコーヒーが成功して、ドーナツがダメな理由』(SBクリエイティブ刊)、『世界のお金持ちが20代からやってきた お金を生む法則』(ダイヤモンド社刊)、『ホンモノを見分けられる人に、お金は転がり込んでくる! 』(ぱる出版刊)などがある。