書籍詳細 書籍詳細

ほのちゃん

ほのちゃん ほのちゃん
発行年月 2017年1月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 天地257㎜×左右210㎜
装丁 上製
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-87290-959-3
内容紹介

泣いて笑って飛んでって…幻想と現実を行き来する子どもの一日。

ほのちゃん、なく、ほのちゃん、わらう。風船もって飛んで行く。月も一緒に飛んで行く。ほのちゃんは走る。大好きなお父さんに向かって。幼い子どもが幻想と現実を行き来しながら過ごすある一日。一編のショートムービーの様な作品です。


目次

【編集担当者からのコメント】
子どもにしか見えない世界、出来ない体験。でもそれは空想、想像ではなく、子どもにとってはきっと普段の暮らしと地続きの世界。保育士経験のある中野真典さんが、幻想と現実を自由に行き来する子どもの心象風景を鮮やかに描き出します。

著者紹介

中野 真典(なかの まさのり)

1975年、兵庫県生まれ。画家、絵本作家。
大阪芸術大学在学中の1997年、SELF-SOアートギャラリーにて初個展。卒業後保育士として勤めた後、本格的に作家活動に入る。
京都・大阪・東京などを中心に展覧会を開催。
絵本に『おもいで』(文・内田麟太郎)『おはなしトンネル』(以上イースト・プレス)、『りんごちゃん』『もういいかい』(以上BL出版)、『かかしのしきしゃ』(理論社)、『どもるどだっく』(文・高山なおみ ブロンズ新社)、『たべたあい』(文・高山なおみ リトルモア)など。