書籍詳細 書籍詳細

お母さん入門

お母さん入門 お母さん入門
発行年月 2013年6月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 224ページ
ISBN 978-4-87290-627-1
内容紹介

ロングセラー児童書『いやいやえん』のはるのはるこ先生のモデルとなった“伝説の園長先生”、そして「整体」の創始者・野口晴哉師の最後の直弟子という異色の経歴を持つ著者による、すべてのお母さんに伝えたい子育ての話。
自身の保育園の園長先生の経験と整体論をベースにした「子どもの育つ力」を大切にする育児法と、「子どもが自分で治る体」をつくる方法がわかる1冊。
妊娠期から小学生まで長期で活用でき、読むたびに「母のカン」が育ちます。

・生後13ヶ月で子どもの底力は決まる 
・おしゃぶりは赤ちゃんの表現力を奪う 
・夜泣きは空腹から
・子どもは風邪の経過で成長する
・夏でも寝るときには長袖長ズボンを着せる
・液晶画面は発達を遅らせる 
・絵本をたくさん読んであげる 
・家庭でできる整体の知恵(愉気・部分浴・蒸しタオル)
・風邪・咳・アレルギー・打撲・鼻水・下痢・便秘・嘔吐…の症状別手当法(本文一例)

など、整体をベースとした具体的な子育て法が満載。

焦る日もある、ままならないこともある、希望、不安が交差する子育ての日々のなか、お母さんにそっと寄り添う視線と、あたたかく、優しい読後感が、育児で悩むお母さんの心を軽くしてくれます。

目次

序章 子どもの「育つ力」を育てる
第1章 妊娠期――あなたがお母さんになったら
第2章 生後13ヶ月―― 子どもの土台をつくるとき
第3章 育つ力を高めるとき――歩きはじめた子どものからだと心
第4章 自立心が育つとき――ありのままの子どもを認める
第5章 家庭でできる整体の知恵――からだを整える3つの方法
巻末 症状別手当早見表
[コラム]
愉気のやり方
からだを元気に導く活元運動
状態を見極める「息と脈の割合」

著者紹介

天谷 保子(あまや やすこ)

1925年東京生まれ。東京府立第一髙等女學校卒業。
結婚後、現駒沢オリンピック公園で子どもたちの保育をボランティアではじめる。その流れで自身が園長となって「みどり保育園」を開園。
信念を持って運営にあたり、共に働いていた保母の中川李枝子さん(その後作家として活躍)のロングセラー児童書『いやいやえん』のはるのはるこ先生のモデルともなる。
幼少時からからだの不調に悩まされ続けてきたが、野口整体の野口晴哉師と出会い、自身の痛みと不調が取り除かれたことにより、整体の奥深さに触れ、保育園でも特に子どものからだについて熱心に見守る。
閉園後、野口晴哉師に直接教えを受ける直弟子となり、本格的に整体の道に入る。77歳で独立。世田谷区駒沢の地で野瀬整体指導室を開き、88歳の今も元気に整体指導にあたっている。
著書に『ありのままがいちばん。』(WAVE出版刊)がある。