書籍詳細 書籍詳細

お茶のすすめ

お茶のすすめ お茶のすすめ
発行年月 2012年3月刊行
価格 定価 本体 1,490+税
判型 A5判
装丁 並製
ページ数 160ページ
ISBN 978-4-87290-513-7
内容紹介

◎な~んも知らなくて大丈夫。

興味はあるけどいざ習うには敷居が高い。
茶の湯の世界をややこしい話ぬきに、
おもしろいとこだけかいつまんでご紹介。

お稽古歴15年。茶道体験画日記

目次

其の一 出会い 

「何着て行く?」 
「何するの?」
「何があった!?」 
コラム① 

其の二 道具

「あら便利」 
 基本の道具 
「道具の扱い」 
 茶碗 
 茶筅 
 茶杓 
 茶入 
 茶巾 
 盆
 置き合わせ 
 建水 
 釜・炉 
 ポット 
 柄杓 
 服紗 
「炭と香」 
「足し算 引き算」 
「スキモノ」 
コラム②

其の三 点てる飲む

「どうやって?」 
 点ててみる 
 いただき方 
「たかが水 されど水」 
 抹茶の選び方 
 抹茶とは? 
「ていねいに」
 濃茶とは? 
「おいしい飲み方」 
 主菓子いろいろ 
 干菓子いろいろ 
 菓子器 
 懐紙 
「お菓子」 
「わかったのね」 
コラム③

其の四 所作

「着物デビュー」 
 歩く 
 坐る 
 礼 
「得した話」 
「着物の管理」
「着物を買いに」 
コラム④

其の五 茶室

「幕開け」
 茶室 
「庭のいろいろ」 
「掛け軸」 
「茶花」 
「一畳」 
コラム⑤

其の六 お茶会

「お茶会ってどんな会?」 
「正客と亭主」 
「お手伝い」 
「流派のちがい」 
コラム⑥

其の七 その後

「月村さん」 
「段取り」 


おわりに 

 こけし画報 

著者紹介

川口 澄子(かわぐち すみこ)

画工。観察好き。
日常に潜む非日常の可笑しみを画帖に描きとめること、オーソドックスで質の良い印刷物をこよなく愛す。
著書に『旧暦ライフ温故知新』『東洋見聞録 医の巻』(ピエブックス)、画を担当した『小林カツ代のキッチン・ルール』『仏像のひみつ』(朝日出版)などがある。