書籍詳細 書籍詳細

法医学者、死者と語る

法医学者、死者と語る 法医学者、死者と語る

弊社在庫ございません

発行年月 2010年8月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 224ページ
ISBN 978-4-87290-487-1
内容紹介

不審死続出!
なんと6人に1人が、本当の死因がわからないまま葬られている。
あなたはどう死ぬ?
死の真実をメスで明かす
壊れたニッポン社会と闘う、孤高の司法解剖医、衝撃のリアル!!

目次

【目次】

はじめに

1章解剖室で聴く最期の声
  解剖室で慮ること
  明日の毒殺
  臓器と骨
  背中を開く
  病死か? 事故死か?
  法医学診断とパズル
  法医学教室の日常
  プロとアマの差
  死因をつきとめる
  大けがのもと
  歯科医の怒り
  刺創と銃創
  「解剖嫌い」という逃げ道
  最後に女性が勝つ?
  死因と遠近
  危険な日常
  一度くらい現場に来たらどうだ

2章死者から学ぶこと
  時津風部屋事件
  年末年始に思う
  凶器は本当に石なのか
  科学的な態度
  とばっちり
  残虐とは何か
  「死因への思い」の温度差
  突然の悲劇の結末
  マイケル・ジャクソンの死
  卓球と法医学
  バイオテロ対策
  幼児を犯罪から守るには
  夜警国家でも福祉国家でも

3章いくつもの死、いくつもの生
  さまざまな死
  恩師との出会い
  死体は怖い
  法医学者の死生観
  「いい医者」って……
  命の値段
  細胞の生と死を見つめて
  死後のリアル

4章死を診る医学
  自殺と他殺と自然死
  出刃包丁での解剖
  山が動いた日
  研究会、始まる
  ニュージーランド視察
  “ゴールド・スタンダード”のうさん臭さ
  法医学教室、絶滅の危機
  拝啓、裁判官さま
  続 拝啓、裁判官さま
  法医学などなくしてしまえ
  法医学者のモチベーション
  
5章未来へ向かって
  苦しんで死んだのか
  「検視」を考える
  期待を見逃すな
  聞けば聞くほど恐ろしい話
  司法の暴走と医師の司法嫌い
  法医学者も人ごとではない「脳死」
  学問の限界と虚しさ
  法医学を志す金の卵たちへ
  未来予想図

あとがき

著者紹介

岩瀬 博太郎(いわせ はくたろう)

千葉大学大学院法医学教室教授・法医学者。
1967年、千葉県生まれ。東京大学医学部卒業。同法医学教室を経て、2003年から現職。日本法医学理事。千葉県内に出る変死体のうち、年間200体以上の解剖を行う。メディアを通じて、現在の日本における死因究明制度の不備を指摘し続け、また、法医学の世界の窮状を打破すべく国会に働きかけるなど、日々走り続けている。著書に『焼かれる前に語れ』(WAVE出版)がある。