書籍詳細 書籍詳細

超ガラパゴス戦略

超ガラパゴス戦略 超ガラパゴス戦略
発行年月 2009年4月刊行
価格 定価 本体 1,900+税
判型 四六判
装丁 上製
ページ数 224ページ
ISBN 978-4-87290-414-7
内容紹介

この一冊から日本は攻めに出る!

ガラパゴス化こそが、日本のビジネスを強くしていた?!
日本の風土とこだわりの国民性が生み出した進化が世界一の消費者を育て、世界に勝てるビジネスや商品を生み出している

日本では携帯電話市場を例に、独自進化して国際規格に合わないビジネスや商品のことをガラパゴス化と揶揄されていた。しかし、この独自進化こそが日本を元気にする要因と著者はとらえ、本書で現在の経営資産の見直しから海外進出まで、日本企業の強みを生かしたビジネス戦略を提示している。会社に残すべく特殊技術などの大事な資産と、海外に攻めていく大事な武器を見つけることができる画期的な一冊。

著者紹介

芦辺 洋司(あしべ ひろし)

日立コンサルティング

株式会社日立コンサルティング取締役・マネージングディレクター。
大学卒業後、イーストマンコダック社に入社。その後、米国ニューヨークにて大学院に進みMBAを取得。1992年、KPMG Peat Marwick監査法人ニューヨーク事務所に入社。監査・税務業務・経営コンサルティングに従事。1997年、同社日本事務所設立にあたって帰国。
その後、旧アーサーアンダーセンとの合併を経て、日本のビジネスコンサルティング業界の趨勢の一翼を担い、現在日立コンサルティング代表取締役 取締役社長。