書籍詳細 書籍詳細

「特別支援教育」って何?

「特別支援教育」って何? 「特別支援教育」って何?
発行年月 2020年5月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六判
ページ数 176ページ
ISBN 978-4-86621-281-4
内容紹介

子どもたちへの具体的な支援のあり方をわかりやすく語る

発達の特性を持つ児童生徒に寄り添い、

支援・伴走するにはどうしたらいいか

不登校、ひきこもり、高校中退生、発達障害の診断を受けた生徒など、発達の特性を持つ児童生徒に寄り添い、支援・伴走するにはどうしたらいいか。早期からの適切な療育さえあれば、二次障害は防ぐことができる。しかし、特別支援教育の現場では、あまりに見当違いの対応が多くみられる。自身も発達障害であり、かつては学校一番の“問題児”とされた著者が、特別支援教育の専門家として、自分の経験をもとに本当の特別支援教育とはなにか、子どもたちへの具体的な支援のあり方をわかりやすく語る。保護者、教育・福祉・療育・医療関係者、その他困難な課題を持つ家庭を支援する関係者に必読の書。

 

目次

第1章 あだ名は「山ウンチ!」――学校一番の“問題児”が困難を乗り越えるまで
 「こんな問題児見たことない」と言われた幼少期
 「苦手なことを克服する」より「好きなこと、得意なことを伸ばす」
 こんな僕を受け入れてくれた大人や先生にに感謝
 大人の姿を見て子どもは育つ

第2章 なぜできないのか? どうしたらできるようになるのか?
 一番困っているのは「子どもたち本人」
 各種検査を活用する
 日本理化学工業という会社
 叱るより褒めることの効果
 「位置付け」「価値付け」「方向付け」という三つの褒め方
 「手をかける」「目をかける」「気をくばる」という三段階の支援
 できることからの出発
 叱るときのポイントとは?
 子どもたちに進んでやらせる方法

第3章 学校との連携のあり方と具体的な支援のあり方
 「言われてからやる」のが公務員
 医師や心理の専門家の意見書を活用する
 支援計画に記録や今後の目標を明記する必要性
 「カレーライス理論」
 専門性はなくても熱意のある先生はたくさんいる
 子どもを指導すべきときと受け入れるときの使い分け
 子どもたちに寄りそった指導の事例

著者紹介

山内 康彦(やまうち やすひこ)

1968年岐阜県生まれ。(株)サーバント取締役、日本教育保健学会前理事、(一社)障がい児成長支援協会協会長、学校心理士。岐阜大学教育学部卒業。専門は特別支援と保健体育。岐阜県の教員として20年勤務。義務教育9学年すべての学年を担任し、継続的な支援の必要性を痛感する。その後、教育委員会で教育課長補佐となり、学校教育を中心に就学指導委員会や放課後子ども教室を担当。自身の専門性を高めるため、岐阜大学大学院教育学研究科に入学。修了後は特別支援学校の専門職修士となり、学校心理士とガイダンスカウンセラーの資格も取得。私立小学校勤務を経て、現在の(一社)障がい児成長支援協会を立ち上げ協会長となる。年間50回を超える講演会を開催しながら、障がい者福祉施設の職員研修・保護者相談会を行っている。子どもに寄り添った支援方法に高い評価を受けている。