書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • 易でよみとく才能と人生
  • 電子版あり

易でよみとく才能と人生

電子版あり
易でよみとく才能と人生 易でよみとく才能と人生
発行年月 2017年12月刊行
価格 定価 本体 1,800+税
判型 A5判
装丁 並製
ページ数 256ページ
ISBN 978-4-86621-095-7
オンライン書店で購入

※電子書店はKindleでご購入いただけます。

内容紹介

古代中国の古典「易経」を使った、あたらしい性格診断方法

才能を活かして、人生を豊かに彩るヒントが満載!

易経に基づき「才能」「陥りがちな行動パターン」「他人からの見られ方」を導き出す、実用的な性格診断本

生年月日を調べることで、易経に基づいた「自分の才能」「陥りがちな行動パターン」「他人からの見られ方」などを一度に調べることができる、実用的な性格診断本。占い学としても新発見とされる要素を盛り込み、マニアにも納得の一冊。


令和元年の記念に令和暦20年分を読者プレゼント!!ぜひご利用ください。

読者プレゼントはこちら  令和干支暦20年分 ( pdfダウンロード )





目次

はじめに
序章 人も樹木のように根と幹と枝の個性がある

第一章 干支と易でよみとく自分だけの「生命の木」の育て方
 1.【干支数に宿る易のことば】
 2.【種子の名前は天性・六曜星】
 3.【日の干支数(日数)は種子から伸びる根の性質】
 4.【年の干支数(年数)は根につながる幹の性質】
 5.【月の干支数(月数)は幹から伸びる枝の性質】

第二章 啓山易学とは
 易とは何か?
 啓山易学は一つの「発見と気づき」が生んだ新たな性質の見方
 先天図と後天図という二つの易
 最古の易は陰陽の組み合わせの数式だった
 太極図を球体で表すと無限の循環が見える
 最古の易の六十四卦から六十進法の干支が創られた
 人の生年月日の干支数に宿る潜在的な性質の見方

おわりに

著者紹介

松山 怜佳(まつやま れいか)

易学鑑定士として30年間活動し、教材の執筆や講義を通して鑑定士育成に携わる。易の英知を日常に生かす啓蒙活動や古代史研究をライフワークとしている。
紀元前からの4000年の干支歴を作成して干支の大還暦を求め、人に潜在的に備わる素質を、干支と最古の易の相関により導き、独自の理論による『啓山易学』を確立。
2010年から易を学びまた実践する場として「啓山易学塾」を主宰している。
企業の顧問をはじめ、雑誌・書籍・新聞などの執筆に携わり、某新聞記事「毎日の運勢」は25年目に入る。
神奈川県生まれ、東京都在住。(2017年現在)