WAVE出版 広告ギャラリー書店様へ会社概要玉越直人の社長夜話サイトマップ
詳細検索
石井ゆかりの12星座シリーズ
ワークライフスタイリスト宮本佳実
インバスケット思考
WAVE出版 児童書部門 うえいぶ
“子どものいじめ自殺をゼロにする”全国書店キャンペーン
“犬や猫の殺処分をゼロにする”全国書店キャンペーン
“子どものいじめ自殺をゼロにする”“犬や猫の殺処分をゼロにする”全国書店キャンペーン
新刊案内
近刊案内
女性エッセイ
美容の本
暮らしの本
趣味・実用
ビジネス
社会・ノンフィクション
こころの読みもの
外国文学
教育・受験
芸術・サブカルチャー
子育てシリーズ
犬猫の命を救うシリーズ
児童書
子どものいじめの本
学校図書館向シリーズ
リンク集
石井ゆかりの星座のことば
twitter始めました
facebookはこちら
書籍情報
老い方上手
老い方上手
上野千鶴子樋口恵子会田薫子大熊由紀子井上治代
2014年12月刊行
定価 本体 1,400円+税
四六判 並製 240ページ
ISBN 978-4-87290-728-5
その他のオンライン書店はこちら
 
50代からを自分らしく生きぬくための知恵。

認知症、「おひとりさま」、老後の貧困……
“近い将来”を生きぬく準備はできていますか?

老後に必要なお金、認知症を知り乗り切るための最新情報、終末医療の知識、
変わりゆくお墓、葬送の方法、「おひとりさま」の死の迎え方と在宅死の可能性等。
【著者プロフィール】

樋口恵子
東京大学文学部美学美術史学科卒業。新聞研究所本課修了、時事通信社に入社。その後、学習研究社、キヤノン株式会社を経て評論活動に。1986年から東京家政大学教授、現在名誉教授。2014年から同大学女性未来研究所長。日本社会事業大学名誉博士。NPO法人「高齢社会をよくする女性の会」理事長。著書に『おひとりシニアのよろず人生相談』『人生100年時代への船出』『大介護時代を生きる』ほか。編著に『自分で決める 人生の終い方―最期の医療と制度の活用』ほか。

大熊由紀子
国際医療福祉大学大学院教授、専門は医療福祉ジャーナリズム分野。元朝日新聞論説委員。福祉と医療、現場と政策をつなぐ「えにし」ネット・志の縁結び係&小間使い。著書に『「寝たきり老人」のいる国いない国―真の豊かさへの挑戦』『恋するようにボランティアを―優しき挑戦者たち』『物語・介護保険―いのちの尊厳のための70のドラマ』上下2巻ほか。

上野千鶴子
専門は女性学、ジェンダー研究。京都大学大学院卒業、社会学博士。現在、東京大学名
誉教授、立命館大学大学院先端総合学術研究科特別招聘教授。認定NPO法人ウイメンズ
アクションネットワーク理事長。著書に『近代家族の成立と終焉』(サントリー学芸賞受賞)『おひとりさまの老後』『男おひとりさま道』『ケアの社会学』ほか。平成23年度朝日賞受賞。

会田薫子
東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター上廣講座特任准教授、保健学博士。専門は医療倫理学、臨床死生学、医療社会学。終末期医療、延命医療、高齢者医療、脳死、臓器移植等について、さまざまな発言を積極的にしている。著書に『延命医療と臨床現場―人工呼吸器と胃ろうの医療倫理学』(日本医学哲学・倫理学会賞受賞)『高齢者ケアと人工栄養を考える―本人・家族のための意思決定プロセスノート』『シリーズ生命倫理学3 脳死・臓器移植』『シリーズ生命倫理学4 終末期医療』ほか。

井上治代
東洋大学ライフデザイン学部教授、社会学博士。認定NPO法人エンディングセンター理事長。エンディングデザイン研究所代表。ノンフィクション作家。専門分野は社会学(家族変動・死者祭祀・ジェンダー論)で、「家族の社会学」「生死の社会学」「いのちの教育」「総合W:死生学ゼミ」などを教えている。著書に『新・遺言ノート』『墓と家族の変容』『桜葬―桜の下で眠りたい』『より良く死ぬ日のために』ほか。
◆目次

第1章 ビンボーばあさんにならないために/樋口恵子(評論家)
第2章 認知症400万人時代。あなたは、家族は大丈夫?/大熊由紀子(国際医療福祉大学大学院教授)
第3章 在宅ひとり死は可能か?/上野千鶴子(東京大学名誉教授)
第4章 延命治療とは何か/会田薫子(東京大学特任助教授)
第5章 自分らしい葬送を選ぶ/井上治代(東洋大学教授)
おひとりさまの「法律」と「お金」
おひとりさまの「法律」と「お金」
ノンフィクションライター 中澤まゆみ 著 / 弁護士 小西輝子 法律監修
2013年12月刊行
定価 本体1,400円+税
広告ギャラリー書店様へ会社概要玉越直人の社長夜話採用情報サイトマッププライバシーポリシーお問い合せ
Copyright(C) 2006 WAVE Publishers Co., Ltd. All Right Reserved.