WAVE出版 代表挨拶・会社概要広告ギャラリー書店様へ玉越直人の社長夜話サイトマップ
詳細検索
石井ゆかりの12星座シリーズ
ワークライフスタイリスト宮本佳実
インバスケット思考
WAVE出版 児童書部門 うえいぶ
“子どものいじめ自殺をゼロにする”全国書店キャンペーン
“犬や猫の殺処分をゼロにする”全国書店キャンペーン
“子どものいじめ自殺をゼロにする”“犬や猫の殺処分をゼロにする”全国書店キャンペーン
新刊案内
近刊案内
女性エッセイ
美容の本
暮らしの本
趣味・実用
ビジネス
社会・ノンフィクション
こころの読みもの
外国文学
教育・受験
芸術・サブカルチャー
子育てシリーズ
犬猫の命を救うシリーズ
児童書
子どものいじめの本
学校図書館向シリーズ
リンク集
石井ゆかりの星座のことば
twitter始めました
facebookはこちら
書籍情報
泣いて、笑って、母でよかった
泣いて、笑って、母でよかった
読字障害(ディスレクシア)・南雲明彦と母・信子の9200日
小菅宏
2010年10月刊行
定価 本体 1,500円+税
四六判 ソフト 240ページ
ISBN 9784872905052
その他のオンライン書店はこちら
 
理解力はあるのに、読み書きが困難!?
まさか、うちの子が……。
あちこたない!(「人生の苦難を楽しく乗り越えよう。あきらめなければ夢は叶う。」の意。越後中越地方の方言。)
それでも人生は、なんとかなるんだよ。

ひきこもり、自傷行為、強迫神経症……。
学習障害の読字障害(ディスレクシア)を抱えて生きる青年とその母が語る、生きにくさの理由を知るまでと、それと向きあった共闘の全記録。
「21歳の夏、読字障害(ディスレクシア)という肩書ができた。」
生きにくさの理由がわからず、家庭内暴力、自殺未遂、自傷行為の果てを繰り返す息子。
その姿を身近で見守り、ともに戦ってきた母の実録報告――。
【目次】

まえがき――母と息子の「絆」の実録報告――

Chapter1 第一期(一九八四年十月二十六日〜二〇〇一年十一月十八日)
  少年野球の切ない記憶
  笑顔の陰に潜む神経質な素顔
  がんばり屋の息子に対する母の悔い
  母の明彦への執着の原点
  息子の本音と真正面から立ち向かう
  「字が読みにくい」の予兆
  自己表現にこだわる息子に対して
  南雲明彦の人生訓
  思い出すと泣ける実父の後ろ姿
  実母の「あちこたない」の精神
  信子の本音
  神様からの贈り物
  亡き母への追憶
  幸せな実母の晩年

Chapter2 第二期(二〇〇一年十一月十九日〜二〇〇二年十二月十二日)
  「あの日」のこと
  明彦とつながる決意
  息子の決断を支える真意
  暴走する明彦
  家庭内暴力の真実
  父と母の葛藤
  「今から死ぬ」の電話
  明彦の自殺未遂
  母と息子の格闘の日々
  母の焦りと現実
  バイト先に「実情」を公表
  明彦の「遺書」メール
  息子からの仰天メール
  独り生活への祈り

Chapter3 第三期(二〇〇二年十二月十三日〜二〇〇七年七月)
  試行錯誤の繰り返し
  両親の葛藤
  暗中模索の日々
  子育てのむずかしさを痛感
  育児の反省は「気づくこと」
  子育てで学ぶこと
  独り生活の挫折
  息子の外泊
  息子の自傷行為で気づいたこと
  母の切ない気持ち
  見守る姿勢を貫く両親
  心を鬼にした親心

Chapter4 第四期(二〇〇六年七月〜二〇一〇年七月三十一日現在)
  読字障害(ディスレクシア)とわかった日
  親の感慨
  心配の種が尽きない母心
  変化する明彦に
  実名公表を決めた理由
  みんなちがって、みんないい……。
  保育士として忘れられない経験
  息子を応援する親の本心
  家族の絆
  心が折れた息子に
  ある女性との邂逅
  息子を支える限界
  息子からの贈呈本
  何度も泣き、何度も笑った

[追記]

あとがき――母と息子の幸せについての考察――
広告ギャラリー書店様へ会社概要玉越直人の社長夜話採用情報サイトマッププライバシーポリシーお問い合せ
Copyright(C) 2006 WAVE Publishers Co., Ltd. All Right Reserved.