書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • フランスの子どもはなんでも食べる
  • ホーム
  • 子育て
  • フランスの子どもはなんでも食べる

フランスの子どもはなんでも食べる

フランスの子どもはなんでも食べる フランスの子どもはなんでも食べる
発行年月 2015年12月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 224ページ
ISBN 978-4-87290-774-2
内容紹介

カナダからフランスに引っ越した著者は、フランス人の子どもたちと自分の子どもたちは食べ物に対する向き合い方が根本的に違うことに気がつきます。
長時間テーブルにつき、行儀よく出されたものは何でも食べるフランス人の子どもに対して、偏食でスナック菓子が大好きな自分の子どもたち。
本著はフランスの田舎に住んだ一年で学んだ「フランスの子どものように何でも食べる子どもを育てるコツ」を書いた本。
子どもの食に対する態度は親次第で、親がどのように食の教育を子どもにすればいいかを食文化の本場フランスの食習慣から学び、フランス人にとっては当たり前の習慣の中から10のルールを導き出しました。

目次

◆目次

はじめに
Chapter1 フランスの子どもはなんでも食べる(そしてあなたの子どもも! )
Chapter2 ヨチヨチ歩きとビーツ・ピューレ~フランスに来て見たことのない食べ物に遭遇
Chapter3 お腹を教育する~「フランス式」の食べ方を学び始める
Chapter4 食卓の芸術~友人とのディナーとちょっとした議論
Chapter5 食べ物をめぐるバトル~子どもを食べなくさせてしまう方法
Chapter6 コールラビ体験~初めての食べ物が好きになる方法
Chapter7 4回の決まった時間の食事~フランスの子どもはなぜ間食をしない!?
Chapter8 スローフードの国~何を食べるかではなく、どのように食べるかが大事
Chapter9 2つの世界のいい点
Chapter10 最も大切なフードルール
まとめ ハッピーに食べる子どもを育てるためのコツ
付録 子どものためのフレンチ・レシピ
訳者あとがき

著者紹介

カレン・ル ビロン(かれん・る ぴろん)

カナダ生まれ。ブリティッシュコロンビア大学教授。
2011年にカナダの教師トップ40に選ばれる。フランス人の夫と娘2人とカナダ、フランスで過ごす。
著書は学術書が3冊。

石塚 由香子(まちとこ)(いしづか ゆかこ(まちとこ))

狩野 綾子(まちとこ)(かの あやこ(まちとこ))