書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 暮らし
  • おなかの中からの子育て
  • ホーム
  • 子育て
  • おなかの中からの子育て

おなかの中からの子育て

おなかの中からの子育て おなかの中からの子育て
発行年月 2015年9月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 112ページ
ISBN 978-4-87290-762-9
内容紹介

妊娠中から胎教に興味がある女性がますます増えていますが、「仏教・漢方・シュタイナーに学ぶ」幼稚園を運営していた元園長である著者の、「おなかの中の赤ちゃんのためにしたほうがいいこと」をまとめた1冊。

著者が4人のお子さんを育てるなかで、漢方の伊藤真愚氏に「胎教」を直々に指導され、また「生まれる前から子育ては始まっている」「女性は産んでさらに美しくなる」ことを教わった野口整体の野口晴哉先生との出会い、そして「お母さん自身を肯定し大切にすること」を学んだ座禅の原田堪玄老師の教えを融合させ、「おなかの中からの子育て」のメソッドを作り出しました。

赤ちゃんと深くつながることのできる「木になるワーク」「太陽のワーク」「オープニングフラワー」などのワークや、話しかけ、散歩、手当て、そして「おっぱいが軌道にのるまで」を網羅しています。

 妊娠・出産は人生に数度しかない、素晴らしい体験。「おなかの赤ちゃんにとっていいことを何でもしたい」と考えるお母さんたちが、幸せな子育てをするためのバイブルです。

胎内記憶の第一人者・産婦人科医・浅田明先生のメッセージもついています。


●おなかの中から子育てすると…

*両親のよいところを受け継ぐ。

*機嫌がよく訴えがわかりやすい子になる。

*持って生まれた能力を最大限発揮することができる。

*いきいきとした、「ちゃんとわかっている」という目になる。

*自己を肯定できる。自分を大切にできると他人も大切にできる。

*人の気持ちがわかり、それでいて人の言いなりにならない子になる。

……など、いいことばかりです。お母さんも育児がラクに楽しくなります。

目次

●目次
◎池川明先生からのメッセージ

◎第1章 まず「ママ自身」を大切にする

◎第2章 育児の第一歩は「おなかの中から」

◎第3章 産後に大切な3つのこと

著者紹介

浅井 あきよ(あさい あきよ)

NPO法人「へその緒の会」代表理事。
東京都葛飾区出身。東京学芸大学(幼稚園教育専攻)卒業。
伊豆の山の中で自給的農業生活を子育て中に経験した後1985年より東江幼稚園を夫と共に継承し、2008年まで園長を務める。
子育て中に出会った3人の師から学んだことと4人の子育ての実践から、1987年より幼稚園で妊娠中の母親に「胎教レッスン」を始める。
胎教を含むお産と子育てに関する先人からの知恵を伝承するため、NPO法人「へその緒の会」を立ち上げ、助産師・対話師と共に妊娠中、子育て中、妊娠前の人向けのレッスンを行なう。「子育てはおなかの中から」をモットーに、親になる人が、しあわせな子育てのスタートを切ることができるようにと活動している。