書籍詳細 書籍詳細

伝え方の教科書

電子版あり
伝え方の教科書 伝え方の教科書
発行年月 2013年6月刊行
価格 定価 本体 1,400+税
判型 四六版
装丁 並製
ページ数 255ページ
ISBN 978-4-87290-603-5
オンライン書店で購入

※電子書店はKindleでご購入いただけます。

内容紹介

●「なるほど!」と言われる1割の人、
 「……で、何?」と思われている9割の人。
 あなたは、どっち?
●仕事も日常生活も、すべてが「コミュニケーション」=「伝える」ことが基礎にあります。 どんなに、仕事のスキルを磨いたところで「伝える力」がなければ、そのスキルを活かすことはできません。
●ところが、私たちは、学校でも会社でも「伝え方」を教わることがありません。
●そのために、ちょっと込み入ったことになると伝わらない。いえ、ごくごく簡単な事柄ですら、伝えたつもりが伝わっていない。
●そのために、思うように仕事が進まなかったり、「言った、言わない」の言い争いになったり、わかってくれない相手にイライラしてしまったり……。ときには、「おまえの話はわかりづらい!」「……で、結局、何が言いたいの?」と言われてしまう。そんなストレスにさらされています。
●そこで、生まれたのがこの本です。
●『今までで一番やさしい経済の教科書』(ダイヤモンド社)や、『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』(星海社)など、難しい経済問題をわかりやすく伝える大ヒット作を書き続けてきた著者が、その「伝える技術」のすべてを公開したのが本書です。
●伝え方の初歩的なテクニックから奥義まで、この一冊に詰まっています。
●決して難しいことではありません。いくつかのポイントをしっかり押さえるだけで、誰でも「わかりやすく」伝えることができるようになるのです。
●そして、「伝える力」を身に付けたとき、あなたの人生が変わります。「なるほど!」「よくわかった!」。日常生活からビジネスまで、相手からはポジティブな反応が返ってくるようになります。仕事はやりやすく、人間関係も良好になり、毎日が楽しくなるのです。
●そんな幸せな人生のために、ぜひ、一緒に「伝え方」を学びましょう!

目次

木暮太一(こぐれ・たいち)
経済ジャーナリスト、一般社団法人 教育コミュニケーション協会 代表理事。
1977年千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て、独立。大学在学中に自主制作した『気軽にはじめる経済学シリーズT.K論』が大学生協や一般書店で累計5万部を突破。現在は、予備知識なしで理解できる本当に分かりやすい書籍の執筆と「『わかりやすい説明』のルール」を伝える講演に注力している。『今までで一番やさしい経済の教科書』(ダイヤモンド社)、『大学で履修する入門経済学が1日でつかめる本』『落ちこぼれでもわかるミクロ経済学の本』『落ちこぼれでもわかるマクロ経済学の本』『マルクスる?世界一簡単なマルクス経済学の本』(以上、マトマ出版)、『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』(星海社)、『カイジ「命より重い!」お金の話』(サンマーク出版)、『ずっと「安月給」の人の思考法』(アスコム)など著書多数。

著者紹介

木暮 太一(こぐれ たいち)

経済入門書作家、一般社団法人 教育コミュニケーション協会 代表理事。
1977年千葉県生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て、独立。大学在学中に自費制作した『気軽にはじめる経済学シリーズ T.K 論』が大学生協や一般書店で累計5万部を突破。現在は、予備知識なしで理解できる本当にわかりやすい書籍の執筆と「『わかりやすい説明』のルール」を伝える講演に注力している。
『今までで一番やさしい経済の教科書』(ダイヤモンド社刊)、『カイジ「命より重い!」お金の話』(サンマーク出版刊)、『大事なことを一瞬で説明できる本』(かんき出版刊)、『「自分の言葉」で人を動かす』(文響社刊)など著書多数。