書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • ビジネス
  • 住宅ローンで、死ぬな!返済苦100%解決法

住宅ローンで、死ぬな!返済苦100%解決法

住宅ローンで、死ぬな!返済苦100%解決法 住宅ローンで、死ぬな!返済苦100%解決法

弊社在庫ございません

発行年月 2005年11月刊行
価格 定価 本体 1,200+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 207ページ
ISBN 978-4-87290-244-0
内容紹介

毎年全国で3万人を超える自殺者がいる。その多くは住宅ローン返済を苦にしたものであるが、表には出てこない。そして1000万人ともいわれる住宅ローン破綻予備軍。年間1万2000以上の問題を解決してきた「再生実務家」が、はじめてその実態と解決法を明かす救済の書! 4000万円の借金が50万円に!
『図解・借りた金は返すな!』著者・吉田猫次郎氏推薦!

目次

目次

はじめに 「ウチは大丈夫!」と思っている人ほど危ない

第1章 自殺すら招くローン破綻の悲惨な実例

 1 解決策を知らないために起こる悲惨な事例
 2 「ゆとりローン」は「命とりローン」
 3 給与を差押えられ左遷、そして退職金まで差押え
 4 親の自宅を追加担保に強要する銀行には要注意!
 5 紹介屋と整理屋・非弁提携弁護士の罠にはまる!
 6 甘い罠、借金一本化詐欺の被害!
 7 自己破産への入り口、弁護士無料相談に注意!
 8 貸し金業登録業者をかたる闇金の恐怖!
 9 「生命保険で完済」の自殺の誘惑!
 10 離婚した元妻を襲う悲劇!

第2章 あなたの破綻危険度チェック

 1 ローン破綻の予兆にあなたは気付いているはず
 2 破綻危険度チェックリスト
 3 「家」を守るために「家庭」を捨てる危険な人たち
 4 いま、サラリーマンほど危険な職業はない

第3章 大丈夫!こうすればあなたは絶対救われる!
    ‐住宅ローン解決実例集

 1 サービサーと交渉せよ!
   自宅を任意売却して、残債をサービサーで圧縮した成田さん
   「自宅は手放したが、4000万円の借金は50万円に圧縮できた!」

 2 個人版民事再生法を活用せよ!
   自宅を任意売却し、個人版民事再生で残債を一挙に減らした土橋さん
  「ローン残金+サラ金660万円の5480万円の借金が300万円に!」

 3 自宅を親戚に任意売却せよ!
   ローン残金3000万円の自宅を売却後も賃貸契約で住み続ける中軍さん
   「サービサーを活用し、残債を30万円の一括和解に!」

 4 自宅を競売で親戚に落札してもらいなさい!
   毎月の返済が半分に。賃貸契約(実質は返済契約)で住み続ける福田さん
   「銀行が任意売却を拒んでも、競売で同様の結果が出せる!」

 5 競売も闇金も怖くない!
   一切の返済をやめ、債権者からの催告も完全無視した後藤さん
  「リセットする気になれば何も心配ない! 家を守るな、家庭を守れ!」

 6 「ゆとりローン」破綻の危機から自宅を守れ!
   マンションを任意売却し、個人版民事再生で圧縮した橋本さん
   「住宅ローン特則で自宅を守り、自宅ローン以外の借金4400万円が380万円に!」

 7 代位弁済も怖くない!
   「ゆとりローン」破綻から、毎月の支払い18万円が1万円になった山本さん
   「保証協会に『代位弁済』されて良かった!」

第4章 法のカラクリを知っていれば、何も怖くない!

 1 競売か?任意売却か?
 2 注目されてきた任意売却のメリット
 3 公正証書の罠にはまるな!
 4 「汝、返済不能を武器とせよ!」サービサー交渉術
 5 強制執行は名前ほどには怖くない!

第5章 「家」ではなく「家族」を守れ!

 1 「マイホーム」ではなく「バンカーズホーム」
 2 サラリーマンよ!住宅を買うな!
 3 あなたの「家庭株式会社」は借金まみれ
 4 「大空を舞う鳥」になりたい親父たち
 5 借りた金は「死んで返すな!」
 6 それでも「自殺」を考えている人へ
 7 今あるものがなくても幸せになれる
 8 ダルマ流面談相談

おわりに 「志」に人生の夢を賭けます

◆資料…「特定調停」
「個人再生手続」の流れ

著者紹介

田崎 達磨(たさき だるま)

1950年広島県生まれ。
田崎総合研究所所長。
一部上場企業退社後、無頼派ルポライター故・竹中労に師事。音楽イベント会社、ライブハウス経営を経て、外食事業会社を経営。友人の自殺を機に、プロコンサルタントの道へ。零細企業救済のための「ターンアラウンドアドバイザー」としてすでに全国で500社以上の会社を救済している。
年間1万2000件のメール相談を行い、現在は住宅ローンに苦しむサラリーマンの救済にも乗り出している。
本名、田崎道明。コワモテの風貌と、その朴訥とした口調から業界で「達磨」と呼ばれるようになった。
2005年秋、NPO法人「全国事業再生実務家機構」理事長に就任。