書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • ビジネス
  • 3万円からの民泊投資術
  • 電子版あり

3万円からの民泊投資術

電子版あり
3万円からの民泊投資術 3万円からの民泊投資術
発行年月 2016年9月刊行
価格 定価 本体 1,500+税
判型 四六判
装丁 並製
ページ数 224ページ
ISBN 978-4-86621-017-9
オンライン書店で購入

※電子書店はKindleでご購入いただけます。

内容紹介

民泊でお小遣い稼ぎ!

1泊 7000円~2万円。月20泊で14万~40万稼げる!

2020年のオリンピック、そして外国人旅行客が急増する今、大都市圏ではホテルが足りず、一般家庭を旅行客に貸し出す『民泊』需要が高まっています。空き家や空き部屋を清掃して、「エアビーアンドビー」というサイトを通じて旅行客を募り、収入を得ている民泊投資家が急増。空き部屋に旅行客を泊めるには、ベッドや布団、まくら、シーツ、冷蔵庫や電子レンジなどをそろえるだけで、最低3万円あれば始められます。民泊を小資本で始めて、楽しんでいる方々を取材し、「一番やさしい民泊入門ガイド」としてまとめます。国際交流、英語が学べる……など、意外と伝わっていない「民泊の楽しさ」も伝わる本です。

目次

●目次
3万円からの民泊投資術――目次


はじめに

第1章 今すぐ民泊を始めたい5つの理由
   ◆訪日外国人の宿泊ニーズは多様化している
   ◆あなたの空き部屋やソファが有効活用できる
   ◆することは部屋の清掃とカギの貸し出しだけ
   ◆初期費用3万円で年400万円稼ぐ主婦も
   ◆自宅で国際交流しながら英語学習ができる
   ◆ホストの声を代弁する日本民泊協会

第2章 3時間でできる民泊の始め方
   ◆民泊サイトに登録後30分で予約が!
   ◆ゲストを迎える部屋のコンセプトは明確に
   ◆人気の清潔で美しく個性ある部屋づくり
   ◆民泊サイトに登録してゲストを招こう
   ◆道順マップとハウスマニュアルをつくろう
   ◆自宅で始めて2週間で売上23万円!

第3章 予約からチェックアウトまで
   ◆初めてのゲストがスイスからやってくる!
   ◆問い合わせがきたら、どう対応する?
   ◆予約が入ったらチェックイン方法を伝える
   ◆ゲスト来訪。まずは家の中を案内
   ◆おもてなしはどこまで必要?
   ◆チェックアウトでゲストをお見送り
   ◆ゲストルームの掃除はいつやるの?
   ◆築50年のアパートの1室をジブリ部屋に
第4章 ここで差がつく民泊テクニック
   ◆富山の古民家でゲストの気持ちを実感
   ◆「認証バッジ」でゲストの信頼をゲット
   ◆お金の受け取り方はどうすればいい?
   ◆専属カメラマンのフォトで予約率アップ
   ◆ここ一番の写真と趣味を載せて
   ◆目指すは5つ星レビューと心躍る感想
   ◆設備やアメニティーで差をつける
   ◆おすすめの近場飲食店をガイド機能で紹介
   ◆記憶に残るウェルカムドリンクとお菓子は?
   ◆基準を満たせばスーパーホストになれる!
   ◆ほかにも民泊サイトはいろいろある

第5章 起こり得るリスクに備えよう
   ◆ホームステイ型民泊は違法じゃない?
   ◆もしもゲストがものを壊してしまったら
   ◆ゲストの国や性別が気になるって本当?
   ◆予約をキャンセルされたらどうする?
   ◆ゲストの病気や事故にはどう対応する?
   ◆ご近所から民泊を反対されないように
   ◆違う形で民泊を始めてみたい人のために

終章 民泊っておもしろい!
   ◆民泊は人と人がつながる「笑顔の絶えない家」
   ◆どんなおもしろいことをやっているかを知りたい

おわりに

著者紹介

高橋 洋子(たかはし ようこ)

暮らしのジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー。暮らし研究所エメラルドホーム代表。
1979年岐阜県生まれ。情報誌の編集、フリーライターを経て現職。講演・執筆・FP相談を通じて、家探しの基本から中古住宅の価値向上とリノベーションの魅力を伝えている。保有資格:AFP、ファイナンシャル・プランニング技能士2級、住宅ローンアドバイザー、整理収納アドバイザー2級。
著書に『100万円からの空き家投資術』(WAVE出版刊)がある。