書籍詳細 書籍詳細
  • ホーム
  • 人文
  • ヒロシマを伝える

ヒロシマを伝える

ヒロシマを伝える ヒロシマを伝える
発行年月 2016年7月刊行
価格 定価 本体 2,000+税
判型 四六判
装丁 上製
ページ数 256ページ
ISBN 978-4-86621-008-7
内容紹介

米軍による検閲のもとで、危険をかえりみず、
原爆の真実と戦争反対を訴えた若者たちがいた。
「にんげんをかえせ…」の詩で有名な「原爆詩集」はどのように生まれたのか? ヒロシマの表現者たちの物語。

「ちちをかえせ ははをかえせ としよりをかえせ こどもをかえせ わたしにつながる にんげんをかえせ……」

 GHQ検閲下、広島原爆の惨状を伝えた『原爆詩集』は、峠三吉と四國五郎という二人の若者によって世に出された。後に四國は、『はだしのゲン』に次いで子どもたちに知られる絵本『おこりじぞう』(金の星社)を制作。「市民が描く原爆の絵」のキャンペーンでも重要な役割を果たす。
 四國はシベリア抑留後、1948年広島に帰郷。3歳下の弟が被爆で亡くなっていたことを知る。「自分はあの閃光の下にはいなかった。弟の無念を伝える絵描きになろう」
 峠を中心とした若者たちは、弾圧をくぐり抜け作品を作り、原爆の惨状を世に伝え続けた。街角に反戦詩を貼る「辻詩」。百貨店上からのビラまき……。政治と芸術、社会と個人の狭間で翻弄され、命を絶った者も多い。
 原爆投下から71年。本書では、2014年に亡くなってから発掘された四國五郎の58冊の日記や新資料、関係者の証言をもとに、原爆投下直後からの、若々しくかつ苦悩に満ちたヒロシマの青春時代を浮き彫りにしていく。
 命をかけて平和を訴えた若者たちの人間模様を、元NHKのジャーナリストが、祈りを込めて描いたノンフィクション。


「ヒロシマを伝える」本文の表現及び表記に関して
https://www.wave-publishers.co.jp/download/9784866210087_teisei.pdf

著者紹介

永田 浩三(ながた こうぞう)

1954年大阪生れ。
東北大学卒業後NHKに入局。「芸術作品賞」「ギャラクシー賞」「菊池寛賞」など受賞。「クローズアップ現代」「NHKスペシャル」等のプロデューサーとして看板番組を支え続け、退局後、映像・言論・社会活動を精力的に続けている。
『ベン・シャーンを追いかけて』(大月書店)、『NHK 鉄の沈黙はだれのために』(柏書房)など著書多数。